家紋 危機感を調査!自分の名前の苗字の調べ方!調べるアプリは?

自分の家の家紋を知らない人が年々増えていてこのままでは一般社会から消えてしまう可能性があると報じられています。

そもそも今の若い人たちは家紋とは何なのかわからない人も多いかもしれませんね。

この家紋がなくなってしまう危機とは…原因はなんなのでしょうか。

今回は、家紋の危機感について報じられた記事や、自分の家紋を調べる方法について見ていきましょう。

Sponsored Link

家紋 危機感。

日本古来から伝えられている家紋は一体どのくらい種類があるかご存知でしょうか。

まずは家紋一覧を動画で見てみましょう!

こちらが、日本古来からの文化家紋の危機感について報じられた内容がこちらです。

 知ってますか? あなたの家の家紋―。

バリエーションも含めれば2万種近くもあるといわれる日本独自の紋章「家紋」。戦国武将や有名大名のみならず、世界的に見て名字が非常に多い日本には大半の家に存在する。

しかし、研究者によると、自分の家の家紋を知らない人が増え、このままでは一般社会から消えてしまう恐れもあるという。日本固有の文化に危機が迫っている。そもそも家紋とは何か。危機の原因は何なのか。

「家紋の発祥は平安後期とされます。まず、世襲する領地や財産ができ、ほかの家と区別するために名字が増えた。そして、公家の西園寺家が自分の乗る牛車がすぐわかるように印(巴紋)をつけた。これが公家の間で“流行った”わけです」

そう話すのはネットサイト「家紋ワールド」を運営する研究者で、日本家紋研究会理事の田中豊茂さん(66)=兵庫県丹波篠山市。田中さんに教えを請いながら家紋の歴史をひも解いた。

発祥は公家の間の「ブーム」

 平安後期に流行した家紋は牛車だけでなく、衣服や調度品にも使われるようになる。

そして平安末期から武家が台頭し、鎌倉時代に入って武家社会になると、武士たちは戦場での武功をアピールすることや敵味方を識別するため、武具や旗などに家紋を入れるようになった。そして、武功に対する恩賞として領地が与えられたり、また、領地替えがあったりしたことで、武家とともに家紋も爆発的に全国に広まった。

ちなみに公家の家紋は雅な印象。武家は武骨で目立つものが多いそう。

江戸時代になると何といっても「この紋所が目に入らぬか」でおなじみ、徳川将軍家の「三つ葉葵」が家紋ヒエラルキーの頂点に立つ。権威の象徴でもあり、同時に憧れでもあったようで、庶民の中でも歌舞伎役者や遊女、浪人など元は武家の流れを汲む人々も家紋を使いだした。

そして明治。武家は衰退したものの、庶民も名字を名乗ることになり、特に禁止されなかった家紋が再び浸透した。家紋は常に日本の歴史とともにあった。

都市部出る人増え、忘れられ

 明治、大正、昭和、平成、そして令和を迎えた今、自分の家の家紋を知らない人が増えてきている。

田中さんによると、家紋という文化が色濃く残っていたのは地方部。しかし、往来が自由になるにつれ、田舎を離れて都市部で暮らし始める人が増える。そんな家庭が世代をへていくうちに、名字は伝わっても家紋は忘れられていったのだという。

背景には、刀や調度品など家紋を入れて子孫に引き継ぐ “モノ”が減った現実がある。

例えば着物。洋装が基本になり、大人で家紋入りの着物を着るのは結婚式くらいになった。「着物文化」の衰退は家紋の危機に密接に関係している。

さらに近年では、「継ぐ人がいない」「管理が大変。費用も掛かる」などの理由で、家紋が刻まれることもある墓の「墓じまい」が進む。墓には家紋以外にも先祖の情報も多く記されているため、自身のルーツをたどることがさらに難しくなる。

日本の文化全体の揺らぎに伴って、家紋も危機を迎えているようだ。実際、記者の同僚も自分の家紋を知らなかったり、「見たことはあるけど、どんなだったかなぁ?」という人が多かった。

田中さんは警鐘を鳴らしつつも、「それでも家紋は本当におもしろい。わが家の家紋を知れば、先祖がどこで何をしていたか見えてくるかもですよ」とほほ笑む。

洗練されたデザインに魅力

 田中さんが屋号「播磨屋」で運営するサイト「家紋ワールド」には戦国大名や氏族のものなど5000種近い家紋が掲載されている。

もともと日本史が好きで家系図などを調べていくうち、付随する「家紋」の洗練されたデザインに魅力を感じたそう。

そんな田中さんは、イベント時などに「家紋鑑定」のブースを出している。来場者の家紋からルーツを探るという内容だ。

試しに記者の家に伝わる家紋「結び雁金(かりがね)」を鑑定してもらった。

先祖とのつながり「想像」に楽しさ

 記者の実家は京都府の丹波地域。「この辺りでは、戦国時代、氷上郡(現・兵庫県丹波市。京都・丹波地域と隣接)を治め、明智光秀とも激戦を繰り広げた赤井家が同じ家紋ですよ」

いきなり戦国武将の名が飛び出した。

「また、真田信繁で知られる信濃の真田家も結び雁金。伝承では氷上郡にいた武家に信濃からやってきた人がいたとされているので、何か関係があるのかも」

真田信繁と言えば、NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公だ。

記者が知る限り農家だったわが家に赤井や真田とのつながりがあるとは到底思えないが、昔、亡くなった祖母から「わが家は足軽だったらしい」と聞いたことがある。もしかして―? 淡い期待が芽生え始めたが、田中さんは、「家紋が同じと言うだけで関係があったと確定はできません。憧れで決めたこともあるようですし」と冷静だ。

しかし、「とはいえ、確証はないけれど、何かつながりがあった可能性もある。そんなことを想像するだけでも楽しいでしょ。これも家紋の良さですよ」。

“鑑定士”の目がきらりと輝いた。

家紋は歴史に通ずる”鍵”

 家紋を知ることは家を知ること。そして、家を知ることは歴史を知ること。私たち日本人はだれしもが歴史につながる”鍵”を知らずに受け継いでいる。

田中さんは言う。「家紋を知ろうとすることで、おじいちゃんやおばあちゃんと話したり、お墓に行ってみるきっかけになる。そんなことが、家や文化を守ろうという意識につながるはずです」

みなさんも「わが家の家紋」を調べてみては?

引用:丹波新聞

Sponsored Link

家紋 危機感。自分の名前の苗字の調べ方!調べるアプリは?

自分の名前の名字の家紋を調べるサイトをご紹介します。

家紋を調べるサイトは家紋どっとネットで調べられます。

アプリなら家紋 日本No.1 7,000種以上のデータがオススメです。

Sponsored Link

家紋 危機感。に世間(ネット)の声や反応は?

家紋の危機感についてネットでも話題になっています。

  • 我が家の家紋と先祖の生業を知った時は、会ったこともない祖父母の祖父母達が身近に感じられて嬉しかった。
    現代では着物を持つ機会でもなければ、そうそう調べることもないんでしょうね。
  • うちの実家の家紋は額縁に入れて座敷に飾ってますし、お墓にも家紋が入ってます
    ただ本家筋が途絶えると家紋も途絶えてしまうので文化として残すのなら戸籍に家紋を表記して家を出る子は父方母方どちらかの家紋を継承できるようにしてはどうでしょうか?
  • 家紋は、武家の文化であって大衆文化じゃないと思う。大半の庶民は明治まで家紋なんてなかったんだから、別に知るべき人が知っていて、守るべき人が守っていけば良いのではないでしょうか?武家の出で、家督を継ぐ立場にある人の大半は自分の家の家紋は知っていると思いますよ。
  • 知らない人が増えたのは必要ないからで、大多数の庶民は明治に姓を名乗る事になり家紋も各自で選定したのでは?歴史的に必要な情報としてなり文化的な価値は残っていくと思われます。
  • 一昨年、墓石を建立するときに家紋を入れるかどうかは聞かれましたが、現代では家紋を使う機会は日常では皆無に近いと思います。
    うちは武家だったので菩提寺でかなり前のご先祖までわかり、私は幼少期から家紋は知っていましたが、家紋を自ら何かの注文で使用したのは父が他界して墓石建立したときが初めてでした。
    私が小学生の頃には家紋を描くという授業があったけど、今時はそんなの題材に使うことはないはずです。
    自家の家紋を知らない人が多くても不自然なこととは思いません。
    武家出身の家だと家紋を大事にする思いがあると思うけど、家紋を受け継いでいくかどうかは、それぞれのお宅で事情が異なっても仕方のないことのように思う。戸籍に家紋が記されているわけでもありませんし。
  • 親からの家紋を変えることもできますし、作っても良いです。分家なら本家の紋とその家の紋の二つを使うこともあります。
    どこかに登録されているものでもないですし、幾つかを除けば人の紋を使ったからといって何かあるわけでもありません。明治以降に勝手に使いだした人もいれば、先祖がどなたからか拝領したものもあり、同じ家紋だからといって血縁があると考えるのはかなり無理があります。
    近畿圏では女紋があるように、日本国内でも地域的な慣習の違いもあります。現代日本で知らないと面倒なのは葬式位ではないですかね?

Sponsored Link

まとめ|家紋 危機感。自分の名前の苗字の調べ方!調べるアプリは?

今回は、日本古来からの文化である家紋が今、危機に状態について見てきました。

あまり普段は自分の名前の苗字がどういった家紋であるかについて考えたことってあまりないと思います。

これを機会に、自分の名字の家紋を調べてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です