ヨーグルト袋入り砂糖 現在は?フロストシュガーは今も売っていた!

昔は、ビックサイズのプレンヨーグルト2袋入り入りで砂糖がついていましたよね。

これがめちゃめちゃおいしいですよね!

ヨーグルト会社の大手「明治」が砂糖を添付するのをやめたのは2014年ごろでした。

Twitterでも、平成から令和に変わる前に食べたいものとして取り上げられていました。

ヨーグルトの袋入り砂糖は現在どうなっているのでしょうか。

気になったので調べてみました。

Sponsored Link

ヨーグルト袋入り砂糖の現在は?

ブルガリアヨーグルトのビックサイズの裏に付いていた袋入りの砂糖。

あの砂糖をヨーグルトにかけて食べるとヨーグルトが10倍ぐらい美味しくなるんですよね!

最近はヨーグルトを買っても砂糖がついてないような気がしました。

そのように感じられている方も多いのではないでしょうか。

砂糖がなくなってがっかりした人も多いはず。

すごく溶けやすくて便利だったのになぜ最近は消えてしまったのか気になりますね。

ですがどうやら現在も一般向けに販売はしてるようです。

あの砂糖の名前は、フロストシュガーといいます。

 ヨーグルトのトップブランド「ブルガリアヨーグルト」で知られる明治のホームページを見ると、Q&Aのコーナーに「フロストシュガー」の文字がありました。

「添付していた砂糖は、フロストシュガーと言い、グラニュー糖を粉砕したものに水を加え、裏ごしし、その後顆粒状にしてから乾燥させたものです」

袋のところをぺろぺろしたり、ヨーグルトはなくてもいいんであの砂糖だけ売って欲しいと言った声も上がっていました。

Sponsored Link

ヨーグルト袋入り砂糖「フロストシュガー」は今も売っていた!

平成から令和に変わるタイミングで1番食べたいものとして挙げられたのが、ビックサイズのヨーグルトの後ろについている砂糖「フロストシュガー」。

ネット上で話題を呼んでいたので、その時のツイート投稿についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

まとめ|ヨーグルト袋入り砂糖の現在?フロストシュガーは今も売っていた!

今回は、ヨーグルトの袋に砂糖の現在について見てきました。

フロストシュガーは今も一般販売されていて普通に購入できるようですね。

見かけた時は、絶対に購入したいと思いました。

コンビニでは見かけないのでスーパーに行った時にヨーグルトコーナーを見てみましょう。

もう一度あの味を食べてみたいですね。

それでは今回は、では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です