NASA 月面探査機 発見を調査!チャンドラヤーン2号の画像も

NASAが月面探査機を発見したことを発表しました。

月面で発見された探査機に、今注目が集まっています。

一体どこの国が打ち上げた探査機だったのでしょうか。

今回は、NASAが発見した月面探査機について見ていきましょう。

Sponsored Link

NASA 月面探査機 発見を調査!

月面で発見された月面探査機は、インドの無人探査機「チャンドラヤーン2号」です。

今年の7月にインドが月の向かって打ち上げた探査機で、通信が途絶え行方がわからなくなっていました。

インドが挑戦した、月の南極地域に探査機を軟着陸させる世界初の試みは、つらい静寂の中で終幕を迎えた。着陸の直前、「チャンドラヤーン2号」に搭載されていた着陸機「ビクラム」と管制センターとの交信が途絶えたのだ。インド宇宙研究機関(ISRO)によると、着陸機が月面の上空約2.1キロに達したところで、地球への信号が送られてこなくなったという。

まさか衛星からついに成功したのは11月11日、画像を公開しています。

インドの無人探査機「チャンドラヤーン2号」の画像

画像

 【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は2日、月到達を目指しながら交信を絶ったインドの無人探査機「チャンドラヤーン2号」について、月面で着陸機の墜落地と残骸を発見したと発表した。

月周回衛星から11月11日に撮影された画像を公開した。

チャンドラヤーン2号は7月に打ち上げられ、旧ソ連、米国、中国に続き4カ国目の月面到達を目指したが、米時間9月6日(日本時間同7日)、予定された着陸の直前に交信が途絶えた。NASAが同月、墜落したとみられる地域の画像を公開したところ、残骸特定につながる情報が寄せられ、10月と11月に改めて撮影した画像を詳細に分析した。

着陸が予定されていたのは、月の南極から約600キロ離れたなだらかな高地。NASAが公開した画像では、墜落した着陸機の残骸や、残骸の衝突で表土が削られた痕が、数キロにわたり広がっている。

Sponsored Link

NASA 月面探査機 発見にネットの反応は?

まさか衛星から撮影に成功した月面探査機チャンドラヤーン2号は、墜落した探査機の衝撃で土が削られていた後が数キロにわたって残っていたようですね。

ネットの方でもたくさんのコメントもされていました。

  • 結局墜落していたのか。
    これにめげず、次の探査機を打ち上げられるのか。
    成功したかったら、成功するまでやることが必要。
  • はやぶさの技術があれば日本は余裕で着陸させられるよな。
    月に着陸して探査するメリット無いのかなー。
    もったいないなー。
  • 月をゴミ置き場にしないで欲しい。
    十分な技術がないなら宇宙、特に月に着陸を目指さないで欲しい。
  • どこかの国も月へとか言ってたけど大丈夫ですかね。月ではなく発射台そばが残骸ばかりにならないことを祈ります。
  • サンスクリットで
    「チャンドラ」は月の神様で「ヤーン」はビークル、
    でチャンドラヤーン。
    インドの技術成長ははめざましいですね。
  • ナマステ
    残念だったね でも月まで行くことはできたから
    再チャレンジですよね
    ナマステ

Sponsored Link

まとめ|NASA 月面探査機 発見を調査!チャンドラヤーン2号の画像も!

今回は、NASAが発見した月面探査機についてご紹介しました。

画像を見る限りではあまりくっきりと写ってはいませんでしたが確かに、月にしっかりと胆石の痕跡は残っていることが確認できました。

衛星から発見できると言うことで最近ではテクノロジーがかなり進化していることも併せてわかりましたね。

今後の科学の進歩に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です