NZホワイト島噴火 火山灰の範囲は?ライブカメラ&ハザードマップ!

人気の観光スポットであるニュージーランドのホワイト島が噴火したことがわかりました。

島には100人ほどの人がいたということで安否が心配されます。

追記:50人に修正されています。

本記事ではホワイト島の噴火の火山灰の範囲やライブカメラ、ハザードマップ等について調べてみたいと思います。

Sponsored Link

NZホワイト島噴火 火山灰の範囲は?

ニュージーランドのホワイト島の噴火について報じられた記事がこちらになります。

[ウェリントン 9日 ロイター] – ニュージーランド北島沖のホワイト島で9日、火山が噴火し、複数の負傷者が出ている。地元当局者が明らかにした。

噴火は現地時間午後2時半(日本時間午前10時半)頃に始まった。噴煙が上がり、噴石が飛散している。

国家危機管理庁は、島の周辺は危険な状態にあると表明。噴煙は本島からも観測でき、一部の地域に火山灰が降る恐れがあるという。

噴火が発生したの時間は現地時間で午後2時30分頃(日本時間午前10時半)頃でした、

火山灰の範囲については、島の周辺は危険な状態であるとしており、一部の地域に火山灰が降る恐れがあると想定されます。

現在詳しい火山灰の範囲については調査中です。

ニュージランド ホワイト島の場所は?

ホワイト島はニュージランドのオークランドの東南に位置する無人島になります。

Sponsored Link

NZホワイト島噴火の負傷者やライブカメラ

ホワイト島の噴火による負傷者については以下のように報じられていました。

日本時間9日の午前10時過ぎ、ニュージーランド北部の沖合にあるホワイト島の火山が噴火した。この島は無人島だが人気の観光スポットになっており、記者会見したアーダン首相によると、噴火した際、島には100人ほどの人がいたという。少なくとも20人が負傷、行方不明者もおり、現地当局が被害情報の確認と救出活動にあたっている。

現在ホワイト島の噴火による負傷者は少なくとも20人が負傷してると思われ行方不明者もいるようです。

ライブカメラについては現在調査中です。

Sponsored Link

NZホワイト島噴火の日本人被害者やハザードマップ

ホワイト島の噴火で日本人被害者については以下のように報じられています。

オークランドの日本総領事館は、「これまでのところ日本人が被害にあったという情報はないが、引き続き情報を収集中」だとしている。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

今のところは日本人負傷者の情報はありません。

ハザードマップについては現在調査中です。

まとめ

本記事ではホワイト島の噴火の火山灰の飯屋ライブカメラ、ハザードマップ等についてみてきました。

無人島でもありながら人気の観光スポットでもあると言うことでホワイト島の噴火については非常に心配される状況であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です