【新型コロナウイルス】奈良県何市・病院はどこ?バスツアー会社は?

国内で新たに新型コロナウイルスに感染した感染者が2人確認されたことが報じられました。

そのうちの一人は武漢への渡航歴がないバスの運転手ということです。

武漢への渡航歴がない感染者は、国内で今回が初となりました。

報道では、バス運転手の感染が確認された場所は奈良県。

奈良県の何市にあたる場所なのでしょうか。

ここまで報じられた内容をまとめていきたいと思います。 

Sponsored Link

新型コロナウイルス(新型肺炎)奈良県で国内2人目の感染者

国内で新たに発見された新型コロナウイルスの感染者は、奈良県のバスの運転手と報じられています。

まずは報道された内容を見ていきましょう。

厚生労働省によりますと、日本国内で新たに男性2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、このうち奈良県に住む60代の男性は、中国・湖北省武漢の滞在歴がないことがわかりました。

奈良県の男性はバスの運転手で、今月2回にわたって武漢からのツアー客をバスに乗せていたということです。 引用:NHK NEWS WEB

報道によりますと、奈良県のバスの運転手は『武漢市への渡航歴はない』ということがわかっているようです。

併せて今月、2回ほど武漢市からのツアー客を乗せていたことが分かっているようです。つまり、武漢市出身の方と接触があったことが明らかになっているようですね。

Sponsored Link

【新型コロナウイルス】奈良県何市・病院はどこ?バスツアー会社は?

今回、報じられた内容から時間列で新型コロナウイルスの発症時期や病状などについてまとめていきます。

  • 感染者は、奈良県に住むバスの運転手で60代男性。
  • 武漢市への渡航歴はない
  • 今月1月に中国・湖北省武漢からのツアー客を乗せていた。
  • 1月14日に悪感や咳などの病状を訴えている。
  • 1月25日奈良県内の医療機関に入院。

そして、1月28日に病院で検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが発覚しています。

現在のところ奈良県の何市とまでは公表はありません。また入院先の病院などについても現在のとこは公表されておりません。

そして、バス運転手のバス会社についても公表されてないようです。

こちらはバス会社の運営や混乱を招く可能性があると想定されますので、今後公表されるかは定かではないですが、新しい情報がわかり次第随時追記していきたいと思います。

Sponsored Link

武漢市への渡航歴はない国内初の感染にネットの声は?

武漢市への渡航歴がない国内初の感染に不安の声が広がっています。

ネットの声についてまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です