ペルセウス座流星群2018年絶好条件はいつ?ピークの時間帯は?

   

今年も、ペルセウス流星群の時期がやってきましたね。

今年2018年はペルセウス流星群がとても見やすいタイミングだと言われています。

せっかく夜空に描く天体ショーを見逃すわけにはいけませんね。

それでは今回はペルセウス流星群の2018年時時間帯についてや、ピーク時の見頃のタイミング等についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

ペルセウス座流星群2018年の極大はいつ?

今年2018年のペルセウス流星群が極大を迎えるのは8月13日の10時です。

極大とは観測場所や方角などを特定せずに最もペルセウス流星群が活発になる時期になります。

午前10時ですのでこの時間帯はまず見れないですよね。

ではここ日本で1番ペルセウス流星群を見るには何日のどの時間帯に夜空を見上げれば良いのでしょうか。

ペルセウス座流星群2018年の時間帯は?

ペルセウス流星群2018年の日本で最も見やすい時間帯は、8月12日の夜9時から8月13日の朝方にかけてになります。

その中でも8月12日の深夜から8月13日にかけては最もペルセウス流星群を見ることができるでしょう。

今年の流星群は8月11日に新月となりその光の影響を受けないと言う事から最も見やすいタイミングと言われています。

多い時では1時間40個の流星を見れると想定されていますね。

1時間40個言うと2分以内には必ず一宮は見れると言う好条件となりますね。

これは相当な数になるのではないでしょうか。

これほど見やすいタイミングと言うのは今後なかなかここ日本ではやってこない可能性だってありますよね。

このタイミングをお見逃しなく。

Sponsored Link

ペルセウス座流星群2018年ピーク見ごろはいつ?動画

今年2018年のペルセウス流星群は8月12日の夜21時ぐらいから活発に動き出します。

その中でも1番活発に動き出すのは8月12日の夜半と予想されています。

つまり8月12日の深夜から8月13日の朝方までにかけてが1番見やすく、

まさにピーク見頃のタイミングと言えるでしょう。

では、動画を見て見ましょう!

ただし場所や天候にもよることから、なるべく長い時間をとって観測したほうが間違いなく見れると思います。

今年、2018年はペルセウス流星群が最高に見やすい時間帯となりますのでぜひ真夏の天体ショーを見上げてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこれにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!, 神秘・ミステリー