平尾奎太ドラフト結果は?腎臓の病気を克服!お母さんありがとう!

   

プロ野球ドラフト会議候補(2018)として大注目されているHONDA鈴鹿の平尾奎太投手が、ドラフト緊急特番「お母さんありがとう」に出演。

今回の放送では、難病を抱えた平尾奎太投手が家族二人三脚で病気を克服しドラフト会議で注目するまでになったストーリーが展開されます。

その中で、肝臓の病気はどのようなものだったのでしょうか。

今回は、平尾奎太投手の難病を克服した感動エピソードとその病気についてスポット当てていきたいと思います。

Sponsored Link

平尾奎太 プロフィール!腎臓の病気IgA腎症とは?

平尾投手のプロフィールを紹介します。

生年月日は1994年生まれ誕生日は6月21日現在は24歳です。

身長は188センチ、体重が90キロでもスポーツ選手としては恵まれた体格をしています。

出身は大阪、小学校は泉佐野レッドスターズで、佐野中、大阪桐蔭高、同大学、Honda鈴鹿。

さて詳しく説明していきましょう。

HONDA鈴鹿の平尾奎太は、名門として名高い大阪桐蔭の出身です。

ベンチ入りしたのは2年生の春と、その才能は早い段階から惜しみなく発揮され一歩づつプロ野球の階段へと昇って行きました。

2012年の春夏メンバーを成し遂げた優勝メンバーでもあり、同級生には阪神タイガースの藤浪選手、そしてオリックスの沢田圭佑選手など思います。

平和投手は彼らの影に隠れてしまい当時は3番手だったようです。

そんな中、平尾投手の野球人生に転機が訪れました。

高校2年生の時に難病を発症してしまいます。

背番号は18をつけてその秋にベンチ入りするはずでした。

それが肝臓の病気で「IGA腎症」を発症してしまいます。

IgA腎症とは、血尿やたんぱく尿などの症状が現れる慢性糸球体腎炎の一種です。
発症初期には自覚症状はほとんどありませんが、治療をしないまま放置すると透析治療が必要な腎不全へ至ることもあります。
https://medicalnote.jp/

この病気は国が指定するほどの重い病気。

病院の診断は絶対安静と言う状態でした。

そして医師からは野球を続けていく事は到底無理と申告をされたのです。

平尾奎太 難病克服エピソードが泣ける…

医師から野球を続ける事は無理と絶対安静の状態であることを告げられた平尾投手。

その時母親に強く訴えかけました。

「親だっていいから野球を続けたい!」

そこから平尾投手の夢を叶えるために、家族二人三脚の難病を克服するための闘病生活が始まりました。

医師に何とか頼み込み投薬を続け約1ヵ月ほどで寮に戻ったそうです。

長い闘病生活だったと思います。

ただ家族二人三脚で何とか野球を続けられないかとがんばって行ってきたところ、最終学年になった3年生の時には春夏と甲子園で連覇その時は平尾投手は背番号11をつけてベンチ入りを果たしました。

また連覇を成し遂げたところ闘病生活に戻って良い同志社大学へ進学するも2年間は肝臓の病気の治療に専念したそうです。

実は平尾投手のお父さんも社会人のNTT北陸で11年間もの間活躍した野球選手。

白平尾投手はこう言います。

「野球を続けられたのは支えてくれた両親のおかげです。」

「プロになっていい報告がしたい」

そう、これまで家族に支えられ頑張ってきた平尾投手。

壮絶な難病を克服し努力の結果、ドラフト会議で注目される存在になったのです。

Sponsored Link

平尾奎太 お母さんありがとうに出演!ドラフト会議の結果は?(2018動画)

2018年10月25日、プロ野球2018ドラフト会議が開催されます。

どこの球団が指名してくるのでしょうか。

きっと、家族への恩返しができると信じています。

そして今夜19時からはお母さんありがとうにも出演されます。

お母さんありがとうでは難病を乗り越えた感動のエピソードが語られます。

きっと涙ななしには見ていられない物語になってるのではないでしょうか。

それでは今回は、難病を克服しドラフト会議の注目選手となった平尾奎太投手にスポット当ててみました。

それでは今回はこれにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - TVドラマ・映画・音楽, スポーツ