羽生結弦 今季最高点優勝の演技が凄い!フィンランド大会の動画他

   

フィギアスケートグランプリシリーズフィンランド大会で羽生結弦選手が今季最高の得点を叩きだし優勝しました。

圧巻の演技でしたね。

会場も羽生結弦選手の滑りが終わった後は歓喜の渦に包まれ、ぷーさんがスケートリンクに投げ込まれ真っ黄色。

羽生結弦選手がとても素晴らしい演技を見せてくれました。

それでは今回は、羽生結弦選手の今季最高点優勝についてスポットを当ててみたいと思います。

Sponsored Link

羽生結弦 今季最高点優勝の演技が凄い!

11月4日に行われたフリーの演技の結果と詳細は以下の通りです。

◆フィギュアスケート グランプリ(GP)シリーズ 第3戦 フィンランド大会(4日、ヘルシンキ)

【4日=高木恵】男子フリーで羽生結弦(23)=ANA=が、3日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の190・43点、合計297・12点で優勝。SPを含めフリー、合計すべてでルール改正後の世界最高得点をそろえ、世界初の大技となる4回転トウループ―3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)も着氷させた。自身初のGP初戦V、通算9勝目。次戦は16日開幕のロシア杯に出場する。年末の全日本選手権後には4回転半ジャンプ挑戦も視野に入れていることを明かした。

左手を突き上げるフィニッシュポーズで、羽生は人さし指を立てた。勝利にこだわり、構成を変更した大会でつくったナンバーワンポーズ。「やっと初戦で勝てた。アンダーローテーション(回転不足)とか、ふらついているジャンプも多々あった。いろんな課題があるけど、全部立てたことは大きなステップになった」。9季目で自身初のGP初戦優勝を飾った。

フィギュア界の常識を軽々と超えていく。着氷でバランスを崩しかけ出来栄え点(GOE)はマイナスがついたが、世界初の4回転トウループ―トリプルアクセルの連続技を着氷させた。「自分の中では加点がついてこその成功。この試合で終わらせるつもりはない。体操の内村(航平)さんも言ってますが、最後は決めないといけないし、決めてからがスタート」。トリプルアクセルを助走なしで跳ぶ究極の大技の精度を磨いていく。

基礎点が1・1倍になる後半に連続ジャンプを3本組み込むハイリスクな構成を「4回転を入れつつ、3回転―3回転も入れつつ、アクセルも2回入れたいという欲張りなことを考えてしまったら、4回転トウループの後にアクセルを入れるしかないかな」と笑う。演技構成表からは2回転ジャンプの文字が消え、一人異次元をいく。ジャンプ偏重を防ぐためにルールが変わっても、羽生の強さは変わらない。

実は、会場の氷に苦戦していた。「こっちに来る前までの練習で、ループはほとんど外していない。こっちに来て跳べなくてビックリしていた」。だが試合当日朝の練習で、スピードを控えれば跳べることに気づいた。「ループは特に、エッジ系ジャンプは慎重にいった」と対応力が光った。

今季は4回転アクセルの成功とスケートを楽しむことをテーマに掲げていたが、9月のオータム・クラシックで不満の残る内容に終わり闘志に火がついた。4回転アクセルの練習は中断中。「今、こんなことを練習している場合じゃないなと気づかされた。試合で勝たないと意味がない」。現在は難しいプログラムの完成型を目指しつつ、年末の全日本選手権後の挑戦を視野に入れている。「課題も見つかり、自分の心のともしびに薪を入れられた。今はロシアに向けてたぎっている」。完勝にも満足せず、その目は次戦を見ている。

引用元:羽生結弦、“鬼門”初戦で世界最高V…4回転半ジャンプ挑戦も視野「新しいスタートが切れた」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000028-sph-spo @YahooNewsTopics

平昌オリンピックで2連覇を果たした羽生結弦選手。

そこから数ヶ月経った後期の滑りですがさらに磨きがかかったような気がします。

ショートプログラムは圧巻の演技でしたが、フリーを滑る羽謙選手の顔が、王者の貫禄というか自分自身に挑戦する何か凄い熱い表情していました。

それを感じ取ってか、ネット上の声は祝福をするとともにさらなる期待に合う触れる内容のものが多かったです。

羽生結弦 今季最高点優勝!ネットの声は?

ネットの声は祝福と感動の声がたくさん載っていました。

では、一つ一つ見ていきましょう!

「すごい!とにかくすごい!!

冒頭のクワドループで持ち堪えた姿は平昌のフリーの3lzを思い出した。何が何でも絶対持ち堪えてやろうって感じの。

クワドトゥ-3アクセル成功だけど、ランディングでぐらついたからきっと羽生選手の闘志はメラメラしていそう。

圧巻でした!」

「GP初戦優勝おめでとうございます!

これでようやくジンクスを打ち破れましたね。

次元の違いさえ感じる圧倒的な存在感と完成度で使用曲オリジンも良かった。

ショート演技で今季世界最高点を叩き出し、フリーでは注目の世界初の後半の4回転トーループトリプルアクセルの成功も、まだまだ上を目指す気持ちと新しいスケートを見せたいという気持ちが伝わってきました。

続く2009年ぶり世界ジュニア以来の3F3Tも良かった。

リカバリーできない演技構成にチャレンジする事からも2大会連続金メダリストながらも、更なる進化を目指すところは本当に凄い。

このまま順調であればGPシリーズ無敗でファイナル優勝も揺るぎないと思う。

大きな怪我だけ気をつけて次のロシア大会も頑張って素晴らしいシーズンとして欲しい。

おめでとうございます。」

「セカンドに3A!!

助走なしの状態で3Aが跳べてしまうとは…

元々羽生選手の3Aは別格だったけど、本当に凄い…」

Sponsored Link

羽生結弦 まとめ!フィンランド大会の動画他

グランプリシリーズフィンランド大会で今季最高得点をマークした羽生結弦選手。

特にショートプログラムの演技が、フィギアスケートルール改正後、初の世界最高得点と言うことでかなりの完成度の高い滑りを見せてくれました。

【ショートプログラム】

フリーでも迫力のある演技に会場はどよめいていましたね。

【フリー】

今期も良いスタートを切れたのではないでしょうか。

それでは今回は、羽生結弦選手の最高得点優勝についてスポット当ててみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連コンテンツ001

 - スポーツ