宇多田ヒカル 感慨にネット声が凄い!ライブを観た感想まとめ!

   

宇多田ヒカルさんが、6日実に12ぶりの国内ライブツアーをスタートさせました。

ファンにとっては待ちに待ったライブツアーですね!

そんな中、宇多田ヒカルさんが、ライブツアーをスタートさせた感想を語ってくれてます。

そして、ネット上では歓喜の声が上がっています。

それでは今回は、宇多田ヒカルさんの感慨の内容やネットの声をまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

宇多田ヒカル 感慨にネット声が凄い!

では、はじめに宇多田ヒカルさんの12ぶりのライブツアー初日後の感想を見ていきましょう!

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルが6日、横浜アリーナで12年ぶりとなる国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』(全12公演)をスタートさせた。宇多田がライブを行うのは、2010年12月9日のデビュー記念日に同所で“人間活動専念”(活動休止)前最後のコンサートを開催して以来8年ぶり。16年4月に再始動後初となる。

8年前、マイクを置いてステージを後にした横浜アリーナから久々のツアーをスタートさせた。宇多田は冒頭「こんな悪天候の中、来てくれてありがとう。最後にここでコンサートを開いてから、ちょうど8年。お待たせしました。本当に待っててくれてありがとう」と感慨深げにあいさつ。

続けて「皆さん、8年経っていれば、いろいろなことが、良いことも、悪いこともあったと思いますが、それは心の片隅において、今日は目一杯楽しんでいきましょう」と呼びかけると、会場はこの日を待ち焦がれていたファンからの「おかえりー」の声で包まれた。

公演中には、お笑い芸人で作家の又吉直樹とともにツアータイトル『Laughter in the Dark』をテーマにして制作したショートムービーも披露。名曲も惜しみなく歌い、観客を宇多田ワールドに引き込んだ。

あすも同所で行われ、福岡、名古屋、大阪、埼玉を経て、12月9日のデビュー20周年記念日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールでファイナルを迎える。

引用元:宇多田ヒカル、8年ぶりライブに感慨「お待たせしました」

宇多田ヒカル ライブを観た感想まとめ!

次にライブに行って見てきた方の感想や、ネット上の声をお届けします。

「今Liveから帰ってきました。新旧織り交ぜての最高なLiveでした。やはり、上手いアーティストは生歌こそ!と感じさせてくれたパフォーマンスでした。明日からも頑張ってください。」

「今、ライブから帰宅。

神の声だったな~聴かせるな~。

余韻に浸っています。」

「ヒカルちゃんと自分の生き方は正反対だけれど、ヒカルちゃんの曲には魂を揺すぶられるというか、他の誰の曲よりもfeelingが合います。

アルバム「初恋」を毎日聴いてます。

彼女のこれからの活動を楽しみにしています。」

「いいなあ。宇多田とMISIAは死ぬまでに1度は生で聴いてみたいと思うアーティスト。」

「ライブ行ってきました。彼女がデビューして20年、私は上京し、就職し、会社スタートアップに立ち会って結婚し母親になりました。その間、彼女の歌に伴走してもらっていたように思います。歳を重ねてもなお瑞々しく、広がりのある彼女をみて圧倒される思いでした。なんかもう好きすぎると、体に気をつけてほしいとか幸せになってほしいとか親戚のおばちゃんみたいな気持ちになるんですね…8年ぶりのライブ、次はいつになるかな。」

「8年まっててくれてありがとう。ただいまという言葉を聞いたとき先日引退された安室奈美恵さんを思い出してしまいました…本当に戻ってきてくれてありがとう。運がよく8年前のライブも行きましたが別人じゃないかと思うくらいパワーアップして戻ってきてくれて1人でも多くの方に見てもらいたいライブだと思いました。今後の活動にも期待しています。」

「横浜アリーナ公演行けて良かった

セットリストが最高だった

前回のアルバムの大好きな曲は

別のコラボでカッコ良かった

アンコールの1曲目もライブで聴けると

思わなかったから感動した

8年前よりも高音は低くなったけど

歌声の深みが増していた

ライブアーティストでないから、毎回歌声には期待していなかったが、今回は期待以上に素晴らしかった」

Sponsored Link

宇多田ヒカル 感慨にネット声が凄い!ライブを観た感想まとめ!

感動の声が巻き起こっていますね。

宇多田ヒカルさんの歌は、心に染み渡る曲が多いので、実際に見に行った方の感想もリアルにその感動が伝わってるきますね。

これからライブを観に行く方も凄く楽しみにしている様子が目に浮かびますね。

全国12公演行われるようですので、是非この機会に観に行かれてはいかがでしょうか。

それでは今回は、宇多田ヒカルさんの12ぶりのライブツアーによる感慨をお伝えしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - TVドラマ・映画・音楽