ソウシハギ 注意喚起とは?カワハギと似ていて見分け方が難しい…

   

三重県大台町のスーパーで12日までにソウシハギが販売されている可能性があることがわかりました。

これは驚きました…

毒があると言うことで命に関わる危険性もあるようで注意を呼びかけているようです。

それでは今回は、三重県で見つかったソウシハギの注意喚起についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

ソウシハギ 注意喚起!

三重県によるとカワハギとして陳列されていたようですね。

普通にお店に並んでいたら買ってしまいますよね。

そのうちの2匹がどうやら売れたようで、その中でも1匹の販売先が未だ特定されておらずとても危険な状態なので注意喚起として呼びかけているようです。

詳細は以下の通りになります。

三重県は12日までに、同県大台町のスーパーで、有毒のソウシハギの可能性のある魚が誤って販売されたと発表した。

1匹の販売先が特定できておらず、食べると命の危険もあるとして注意を呼び掛けている。

県によると、11日に「皮はぎ」として3匹陳列され、うち2匹が売れた。ソウシハギはカワハギの仲間で、内臓などにパリトキシンという毒を持つ。食べると激しい筋肉痛や呼吸困難、けいれんを引き起こし、重篤な場合は死に至ることもある。

ソウシハギ画像

カワハギ画像

ソウシハギ ネットの反応は?

では、今回は注意喚起でネット上の反応はいかがなものでしょうか。

いくつかまとめてみましたので参考にしてみてください。

「かなり身近な所で起こってしまった事で驚きです。

市場の人間か店の担当者、いずれかで気付いて食い止めて欲しかったですね。

ただ、店もパートさんレベルになると伝票に書いてあるのを信じてそのまま出してしまったかもしれないし、同業者として気持ちも分かるだけに店もある意味気の毒に思います。

市場担当者には同情の余地なしですが。

無事回収されることを祈るばかりです。」

「どこで皮はいだのかな、剥いだ所が問題となるな、名称を何で出したのかな、この形は明らかに所謂高級魚の「カワハギ」ではないわな、この吻の出方は違う、むしろ体型が細長い「ウマヅラハギ」に似ているが、尖り方が若干違うし、背鰭の形や、尻鰭との位置関係も違う、第一尾びれの形態が全然違うから、調理したところはフグの調理師免許持っていたんやろな、もっとも代表者が持っているだけで、作業する人間が違うところがあるからな。」

「卸すのは市場でしょ。プロでも見分けがつかなかったってこと?

あくまでも可能性なんだよね…」

「これ、万が一死者が出た場合お店はどう責任を取るんでしょうか。何れにしてもこれは非常にマズいですね。」

Sponsored Link

ソウシハギの見分け方動画

ソウシハギの見分け方について動画をお届けします。

ソウシハギと似てるカワハギもいますので注意が必要です。

ウマヅラハギやウスバハギは、ソウシハギとは違って毒性がないため食用として販売されています。

いかがでしたでしょうか。

今回は総支配人の注意喚起についてスポット当ててみました。

それでは今回はこれにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!