ふたご座流星群2018方角は?ライブカメラ映像の中継はココ!

   

2018年12月14日、ふたご座流星くんが今夜ピークを迎えますね。

1時間に多くて40個もの輝く流星が見られると言うことでかなり楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか。

さて各所ではかなり盛り上がりを見せているようですね!特に六本木ヒルズでは大勢の方が集まっている模様です。

それではピークを迎える実際のライブカメラ等についてお届けしていきたいと思います。

Sponsored Link

ふたご座流星群2018の方角やピーク時間帯は?

今夜のふたご座流星群のピークを迎えた様子をお届けしていきたいと思います。

詳細は以下の通りです。

冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が14日夜、出現のピークを迎えた。各地で天文ファンが観測に繰り出し、闇を走る光の線に目を凝らした。

東京の六本木ヒルズ森タワーの屋上で開かれた観察会では、強風の中、厚手の防寒着を着込んだ大勢の参加者が専門家の解説に耳を傾けながら夜空を見上げた。宇宙や星が大好きという埼玉県川口市の小学1年森田雄介君(7)は「たくさんの星が見られると聞いて待ち遠しかった。きれいな流星を見つけたいです」と笑顔で話した。

国立天文台によると、流星が現れ出すのは午後8時ごろからで、午後9時ごろ最も活発になるという。

ふたご座流星群2018ネットの反応は?

それでは今回のふたご座流星群2018年のネットの反応はいかがなものでしょうか。

いくつかまとめてみましたので参考にしてみてください。

「今、観てきました。ハッキリ輝いて流れたのは3つ細く微かに見えたのは5つ。綺麗に輝いてました。」

「数は9時がピークだけど月が沈んだ。真夜中のほうが見えやすいらしい。どっちにしろ今は雲ばかりで全然ダメだ」

「見たいけど、寒くて長い事ベランダに出てられん」

「東京は無駄な光が多過ぎて綺麗に見えないと思います。最低でも15分間は暗闇で目を慣らさないと流星は見えにくいでしょう」

「今夜空を見てたわ!数分でひとつくらいのペースで出現してた。6~7個見たかなスゲ~」

「都内は一面、雲に覆われてますな。隙間から月が見えたりしているが、流れ星どころじゃない。」

「彼の国と断交出来ますように。」

「PCとめ、ふたご座流星群見てみるか―。」

Sponsored Link

ふたご座流星群2018ライブカメラ映像!

それでは最後にリアルタイムでライブ映像放送している番組をいくつか紹介してみたいと思います。

まだこれから映像を見るチャンスはありますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは今回はふたご座流星群2018年についてお届けしてきました。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!