平手友梨奈 一部休止後初のネットの反応は?アイドルより女優向き?

   

欅坂46の平手友梨奈さんが、日刊スポーツ映画大賞の石原裕次郎賞の授賞式に出席されました。

ダンスに伴う活動を休止して以来初めてのメディアえの登場となりました。

1部活動休止と言うことでほじられて来ましたか。

今回映画の授賞式と言うことで公の場に登場したようです。

いったいどのようなコメントを発表されたのでしょうか。

それでは今回は、欅坂46の平手友梨奈さんの一部休止後初の登場にネットの反応などについてスポットを当ててみたいと思います。

Sponsored Link

平手友梨奈 一部休止後初の公の場のコメント

久々のテレビへの登場と言うことでネット上でも話題になっていますね。

センターで活躍されていた彼女ですから人気も手伝いですよね。

また、アイドルグループ活動ではなく今回は女優としてのソロの活動での出演と言うことでこちらも賛否両論話題になってるようです。

詳細は以下の通りになります。

「欅坂46」の平手友梨奈(17)が28日、都内で行われた「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式に出席。21日にダンスを伴う活動を休止することを発表して以来、初めて公の場に登場した。

平手は主演映画「響 -HIBIKI-」で新人賞を受賞。昨年同賞を受賞した女優の浜辺美波(18)から祝福を受けた。

平手は「まだ実感が全然ないんですけど、すごくありがたいことだなと思っています」。作中での笑顔について「ほとんど無いかもしないです」と苦笑しつつ、「初めての映画が『響』で良かったと思います。響の行動の理由とかがわかったので、すごくやりやすかったです」と笑顔を浮かべた。

監督から「平手友梨奈がいなかったら『響』ができなかった」と太鼓判を押されると、平手は「どうなんだろう、私はそうは思わないです」と“平手節”。来年以降の映画出演にも「自分がすごく好きで、この作品を届けたい、と思ったら、やりたいと思います」と意欲を見せた。

平手は「以前から身体の調子が優れない状態が続いていた」といい、精密検査を受けた結果、腰部の打撲と左仙腸関節の捻挫による「仙腸関節不安定症」と、両手関節の捻挫による「遠位橈尺(とうしゃく)関節痛」と診断された。腰と手首を動かすと痛みが生じるため、ダンスパフォーマンスができない状況。「しばらく治療に専念することにいたしました」と報告している。

平手友梨奈 活動一部休止後、初の公の場 女優業続行に意欲「この作品を届けたい、と思ったら」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000120-spnannex-ent @YahooNewsTopics

平手友梨奈 一部休止後初のネットの反応は?アイドルより女優向き?

さて、アイドルグループでのダンス活動などを休止した後初めての公の場と言うことでネット上ではどのような反応になってるのでしょうか。

いくつかまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

「表情や雰囲気が彼女の個性なんだろうけどもアイドルグループのセンターなら歌でのパプォーマンス以外でカメラを向けられた時の笑顔のなさと沈んだ表情が見ていて痛々しい。周りのメンバーは頑張って笑顔振りまいたり明るくしているから周りとの違和感がある。」

「芸能界に向いてないと思う。まだ仕事を選べる立場ではないと思う。周りがチヤホヤするとロクな大人にならないと思う」

「休ませるべきだということもわかるが、体調管理がしっかりできてないからこうして繰り返し活動休止をしてしまうんだから本人だけでなく運営もしっかり体調管理してあげる必要があると思うけど。乃木坂やAKBみてて思ったのはその時一番需要のある人に仕事をさせすぎてる。まだまだ若い世代の人たちが多いのにその人たちの数年後のこと考えて活動させてあげてほしい。ファンの人たちもそれを願ってるはずだから。というか私はそれを願ってる。」

「年末の番組出演は、やめた方が良いと思う。これまでのトラブルも無理の上にも無理を重ねてきたからこそ、起きちゃったのではないか?映像でメンバーに応援コメントを送ることなども止めて、年末年始は100%静養に当てた方が良い。こんな映画賞も、監督に取りに行かせりゃ良かったんだ。笑

ここはチームだとかファンだとかのためというより、自分のために静養した方が良い気がする。」

「芸能界に向いてないと思いう。」

「笑顔が全く無くアイドルとしての自覚がない。個性といえばそれまでであるが 理解されるのはファンの一部である。全体的には受け入れられない。このままの姿勢を変えないなら必ず淘汰されるでしょう。」

「グループ卒業して女優業に専念したらと思う。需要があるならの話だけど・・」

「最近の平手ちゃんを、テレビで観ると辛くなります…(泣)

デビュー当初の可愛くて、笑顔の平手ちゃんのお顔が見たいです。とりあえず、長期に休養したほうが良いと思いますね。」

「グループの仕事は休んで。一人の仕事はするという姿勢はグループ活動に問題があると思われるのでは?キッチリとすべての仕事を休んで。体調を整えるのが先だと思います」

「パフォーマンスの表現力は確かに17歳にしては上手いかもしれない。正直、AKBメンバーより表現力はあると思うけどアイドルとしては向いてないんじゃない?パフォーマンスで暗めの表情を出さないといけないなら他の番組やイベントでは笑顔で居るべきだと思うんだけど。じゃないと、この子はこういう子なんだと勘違いされると思う。ファンの人達は、それを踏まえて応援してるのかもしれないけどファンじゃない人達は、え?何この子。ってなるのが妥当だと思うんだけど。」

Sponsored Link

平手友梨奈 一部休止後初のネットの反応は?アイドルより女優向き?

ネットの反応は結構厳しい意見もありながら、アイドルより女優業の方が向いてるのではないかと言う意見もありますね。

ですがやはり個性を生かした活動と言うのは本人にとってもファンにとっても良いのかなと思います。

新人賞受賞は凄いですよね!

今後の女優業としての彼女の活動には注目ですね。

それでは今回は、平手友梨奈さんの一部休止後初の登場にネットの反応は?

についてスポット当ててみました。

それでは今回は、これにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - アイドル, 女優・俳優