攝津正 引退決断が寂しすぎる…引退会見はいつ?ネットの反応は?

      2019/01/08

12月29日、攝津正投手がソフトバンクホークスを自由契約となっていましたが今期限りで現役を引退することがわかりました。

本人が、引退を決断されたようです。

ついに引退と言う形となってしまいましたね。

それでは今回は、攝津正投手の引退決断についてスポット当ててみたいと思います。

攝津正 退団報道が悲しい…理由は?引退か移籍か気になる進路は?

摂津正 引退表明にもったいないの声…今後の活動にネットの反応は?

Sponsored Link

攝津正 オファーなし現役引退!野球人生に終止符

自由契約となっていた攝津正投手ですが今季限りで引退することを発表されましたね。

来年年明けに引退会見を開く予定になってるようです。

ソフトバンクから自由契約となった摂津正投手(36)が今季限りで引退することが29日、分かった。年明けには引退会見を開く予定だ。1年目の09年に最優秀中継ぎ投手、先発転向後の12年には沢村賞を獲得。この2つの賞を手にしたのは日本球界唯一でホークスで一時代を築いた。侍ジャパンで13年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場した右腕が、10年間の現役生活に別れを告げる。

また一人、球史に名を残した男が現役生活にピリオドを打つ。今季限りでの引退を決めた摂津は「ここまで野球を続けることができたのは、僕を使ってくれた首脳陣の方や、チームメートや裏方さんたちの支えがあったからです。いつも応援してくれたファンの方々の存在も心強かった。本当に感謝しています」と口にした。

ソフトB摂津引退 日本唯一の“最優秀中継ぎ&沢村賞”男(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000002-spnannex-base @YahooNewsTopics

攝津正 沢村賞投手引退決断にネットの反応は?

攝津正投手ですが、引退を決断し現役に別れをつげる形となってしまいました。

この報道を受けネット上ではどのような反応にでしょうか。

気になりましたのでいくつかまとめていました。

参考にしてみてください。

「1年目にSBMの一人として台頭してきた時は こんな凄い投手がドラフト5位だなんて! と驚いたのを覚えてます。低めに決まる150kmの速球とシンカーの組み合わせが完璧でした。そして先発転向してもこれまたすぐに二桁達成。攝津の凄さに感心しました。

ここ数年は良い成績が出せなくて苦しかったと思います。すぐにホークスに戻ってきて欲しいけど まずはゆっくり休んでください。お疲れ様でした。」

「26歳・5位で指名された投手だったけどオープン戦で外角いっぱいに決まる糸を引くようなストレートで見逃し三振奪う姿に衝撃を受けたのを今でも覚えています。先発の大量離脱があった時にもまさに身を粉にして投手陣を引っ張ってくれたし日シリでのクールなガッツポーズの胴上げ投手、沢村賞獲得は忘れません。ホークス復帰を待ってますがとりあえずは城島と釣りとかしてゆっくりしてほしいです。攝津投手お疲れ様でした」

「本当に素晴らしい成績で

本当に素晴らしい選手でした。

指導者としてぜひ経験を今度は

若手に伝えて欲しい。

寂しいですね。

今までありがとうございました。」

「楽天は獲得に動かなかった?

それとも摂津本人が限界を感じたかな?

まだやれそうなだけに残念だ。投手の生命線はコントロールである事を改めて証明してみせた好投手だった。

今はお疲れ様としか言えない。」

「自分秋田市内の在住で摂津投手中学の頃から見てましたが経法大附属で春のセンバツ時の投球見てるととてもプロで活躍するなんて想像してませんでした。JR東北での相当の努力が花開いたんだと思います。プロ入団して以来ずっとホークスファンでヤフオクドームよく応援行きました。まさに秋田の英雄です。とても寂しい…本当にお疲れ様でした。」

「お疲れ様でした。
リリーフと先発、どちらでも結果を出した貴重な経験を生かして野球に携われる仕事をしてもらいたいです。」

ファンからはお疲れ様でしたと言う温かいメッセージが多いですね。

本当に球界を代表する愛されるピッチャーでした。

Sponsored Link

攝津正 引退決断ニュースまとめ

やはりこれまで、球界を引っ張ってきた投手だけあって残念ですよね。

これほど歴史に残る名投手と言うのもなかなか現れないものです。

攝津正投手の引退決断は寂しすぎますが、年明けの引退会見が気になります。

攝津正 退団報道が悲しい…理由は?引退か移籍か気になる進路は?

それでは今回は、攝津正投手の引退決断についてスポット当ててみましたそれでは今回はこれにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - スポーツ