片山晋呉 変化の理由は?プロアマ戦問題後の神対応にネットの反応は?

   

プロゴルファーの片山晋呉さんのプロアマ問題のの変化について話題になっていますね。

いったいどのような変化があったのでしょうか。

気になりましたので調べてみました。

それでは今回はプロゴルファーの片山晋呉さんの変化についてスポット当ててみたいと思います。

そしてネットの反応等についてもお届けします。

Sponsored Link

片山晋呉 変化の理由!プロアマ戦問題とは?

さて、プロアマ問題とは一体どのようなものだったのでしょうか。

招待客の怒りを買ったと言うことだったようですが、騒動について振り返ってみましょう。

まずは謝罪会見からお届けします。

そもそも片山晋呉さんはエクシードと言う資格を持ったプロゴルファーです。

そこに日本ツアー選手権に出場した招待客が1ホールプレーでプレイを取りやめる騒ぎとなり大きな話題を呼びました。

詳細は以下の通りです。

永久シードの資格を持つプロゴルファー・片山晋呉(45)が、“お客様”の怒りを買ったのは、2018年5月のことだった。「日本ツアー選手権」の開幕前日に行なわれたプロアマ戦で、片山の対応に不快感を覚えた招待客が1ホールでプレーを取りやめる騒動が起き、大きな話題を呼んだ。この騒動の意外な「その後」とは──。

「騒動直後にJGTO(日本ゴルフツアー機構)が外部弁護士からなる調査委員会を設置する事態となり、片山が同伴客を無視するようなかたちでグリーンでの練習を続けていたことに腹を立てた招待客が、2ホール目以降をプレーせずクラブハウスに戻ってしまったという経緯が明らかになった。

片山には30万円の制裁金に加え、厳重注意処分が課されたが、“招待客が片山の謝罪を受け入れ、ツアー復帰を望んでいる”ということで軽い処分になった」(担当記者)

騒動をきっかけにプロアマでのプレーに規定やガイドラインがないことも議論の的となったが、出場自粛を経て3か月後にツアーに復帰した片山には「大きな変化」がみられたという。

「プロアマで、ゲストがパットを沈めるとハイタッチし、技術的なアドバイスまでする“神対応”になっています。その上、復帰戦のプロアマでは片山の組が優勝。8月末にプロアマでホールインワンまで達成しました。一方で、本戦のほうは予選落ちを繰り返すなど調子が上がらず、賞金ランクは46位でシーズンを終えましたが……」(ツアー関係者)

怒ってクラブハウスに引き上げたゲストによる“喝”が効いたのだろうか。件の招待客は都内のデザイン事務所の社長。取材に訪れると受付の担当者が「この件の取材はすべてお断わりしています」とするのみだったが、“プロアマの達人”へと豹変した片山と、ぜひまたラウンドしていただきたい。

プロアマ戦問題後の神対応にネットの反応は?

さて今回、片山晋呉プロゴルファーの心境の変化や対応の変化によって変貌した姿を見てネットではどのような反応になってるのでしょうか。

気になりましたのでいくつかまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ファンと言う名の見る人が増えて初めて注目度があがり、その注目度にスポンサーが宣伝のためにお金を出す。

そのスポンサーへの対応が不味いと選手は路頭に迷うので当たり前なのではないか?」

「海外のスボーツ選手を見習ってほしい、一流選手ほど、謙虚でファンを大切にしています。

神対応?当たり前でしょう。

ファンがいてスポンサーが付く。ゴルフ中継も生中継じゃないと結果が分かって観るのは面白くない。」

「片山選手に限った事ではなく日本のプロ選手、特に収入に恵まれたスポーツ選手にファンを大切にしない選手がいる… ファンやアマチュアがいてスポンサーがいて初めてプロでいられる事を胸に刻むべき。閑古鳥がないてるスポーツに未来はない… スポーツ離れが進んでいる現状これから難しいだろうな。」

「彼の人生にとってはとても良かったのでは?

プロとしての練習したい気持ちもわかりますが、とくに成績不振ならね

ゴルフに限らずファンを大切にするプロは沢山います。しかし彼は自分で気がつく事が出来なかったが、彼が変われたなら結果は最高じゃないですか?

来年は片山の優勝みたいですよ!」

「いろんな人に支えられているということ、忘れないでほしいです。

それは、ファンもスポンサーも同じです。

本当は、素人の方と回るのは、楽しいことばかりではないと思うし、試合の前日に大変だとは思いますが、それでもこういった地道な一つ一つの対応が大事だと思います。」

「今年の賞金ランキング上位をあらためて見ると、20代の選手の

割合が更に増えており、30代、片山氏らの40代のがんばり

も少数ながらいるという状況である。

年齢からすればこうしたゴルフ人口を増やす、スポンサーを

大切にする、若手の良き手本となる、若手とスポンサーの橋渡し、

といった多くの事が求められる様になり、他の選手も含め大変

だとは思うが、引き続き取り組んでいただきたい。

そうした事に少しずつ慣れてきて、背筋痛とも闘いつつ、

まずはツアー1勝を目標として、彼のプレースタイルを見たい。」

「人気の女子プロでさえスポンサーとの折り合いがつかないと試合数が減る。プロスポーツは高い技術を見せるのが仕事だが、見る人がいなければそもそも成り立たない。」

「しっかり批判を受けて改善されて今は良くなったということ、変わることができたのは素晴らしいと思います。私も日常で見習うべきと思いました。」

「一度折れた骨は強くなると聞きます。

今回の件で、片山選手がおもてなしのエキスパートになってくれればいいと思います。

過去は変えられませんが、未来は自らが作れますよ。」

「プロになるとはどういう事か。

スポーツ選手は1番になりたい気持ち、極めたい気持ちで頑張る。スポンサーは

応援する側であって、金出してるからといってでしゃばるのは良くない。

選手は社会人としての最低限のマナーや対応をしていれば問題無い。

協会もスポンサーもそれ以上を選手に求めるのはどうかとも思う。

客は見たい人だけ来ればいいし誰も見なければゴルフというスポーツが無くなるだけ。」

Sponsored Link

プロゴルファー片山晋呉の変化

やはりネット上では厳しい意見も多いですね。

ですが今回の一見に対して本人プロゴルファー片山晋呉さんにとっては前進する体験だったのではないかと言うコメントも見られますね。

https://www.instagram.com/p/BjmMnQ3jvgW/?utm_source=ig_web_copy_link

確かにこの変化によって対応が変わりまた評判も良くなれば…

てこともあり得ますし。

今後の片山晋呉さんの対応に注目してみたいと思います。

それでは今回はプロゴルファーの片山晋呉さんの変化についてスポット当ててみました。

それでは今回はこれにて失礼したいと思います。

関連コンテンツ001

 - スポーツ