桜開花予想2019 東京の花見の見頃は?満開の時期はいつ?

      2019/01/18

1月16日、東京ではまだまだ寒い時期が続いていますが、全国の桜開花予想時期が発表されました。

その中で、気になったのは東京の開花時期ですね。

どうやら今年は東京が1番早く桜が開花すると予想されています。

2019年、今年は平成最後の年になります。

平成最後のお花見ということもあり今年は大いに盛り上がりそうですね!

早めに東京の桜の見頃の時期を想定し、お花見の計画にお役に立てればと思います。

Sponsored Link

2019年の桜の開花予想!

2019年今年の桜の開花は、西日本も東日本も例年並みか、やや早い開花になりそうです。(北日本は例年並み)

西日本も東日本も気温の低い日は一時的。

2月〜3月の気温は平年よりも高く、そのため桜のつぼみは順調に生長していくようです。

桜の開花に向けて3月中旬からは暖かい日が増えてくると予想されます。

そのため今年の桜の開花予想は、例年並みからやや早い開花となるところが多そうです。

東京の花見の見頃は?

今シーズンの桜の開花予想で驚いたのは、東京が1番早く開花すると予想されていることです。

画像:ウェザーニュース

3月18日ごろから東京の靖国神社では桜(ソメイヨシノ)が開花すると予想されています。

花見の開花予想が全国で東京か1番早くなりそうですが、東京の花見の見頃はいつになるのでしょうか?

桜の見頃はおよそ7分咲きぐらいからですね。

気温の変化にもよりますが、桜は開花から4日から6日程で、5分咲から7分咲になります。

という事は、東京の靖国神社周辺では早くて3月22日から桜の見頃になるようです。

今年はやはり早めに計画を立てたほうがよさそうですね。

Sponsored Link

東京の桜が満開になる時期はいつ?

通常桜が満開になる時期は、開花から1週間掛かります。 

東京は早いところで3月18日が開花予想日なので、そこから1週間と考えると満開になるのは、早くて3月25日のようです。

やはり例年よりも早く東京では桜が満開になると予想されます。

気温の変化寒さ雨風などにもよりますが満開から通常1週間ぐらいは桜を楽しめます。

そう考えると、東京では1番早くて3月25日に桜が満開となり、そこから1週間の4月1日頃までが桜の見頃の時期になるのでは?と予想されます。

東京のお花見は3月末にかけて混雑しそうですね。

お花見の計画を立てる際は、スポットの混雑状況やアクセス方法などを事前に十分に確認することをお勧めします。

またお花見は天候にも左右されるので、天気予報のチェックも忘れずに行ってくださいね。

いかがでしたでしょうか。

今回は、2019年の桜の開花予想から東京の花見の見頃や満開の時期についてまとめてみました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!