はやぶさ2 ライブ配信映像!着陸成功タッチダウン中継動画はコレ!

   

2019年2月22日、宇宙航空研究開発機構JAXAは、はやぶさ2による小惑星リュウグウのタッチダウン着地を行うことを発表しました。

はやぶさ2による小惑星リュウグウに着地成功と言うことで話題になっていますね。

そんな中ライブ配信中継映像をお届けしたいと思います。

また見逃してしまった着地成功タッチダウン動画についてもお伝えしますね。

それでは今回は、はやぶさ2による小惑星リュウグウ着地ライブ配信映像についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

はやぶさ2 ライブ配信映像!

さていよいよ日本の宇宙航空研究機関が、宇宙への新しい第一歩を踏み出しましたね。

詳細は以下の通りになります。

宇宙航空研究開発機構(宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日朝、小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン(着地)運用を行う。はやぶさ2がリュウグウに着地するのは午前8時25分ごろの予定。

着地予定地はリュウグウ赤道付近の「L08-E1」と呼ばれるゾーンで、わずか幅6メートルほどの広さしかない。その狭いスペースに全長6メートルのはやぶさ2が降り立つという難しい運用に挑む。

《管制室の模様をライブ配信 6:45~》

JAXAでは午前6時45分ごろから、JAXA相模原キャンパスの管制室の模様をライブ配信する。配信は午前9時15分ごろまでをめどに行われ、タッチダウン運用を見届ける。

◎配信予定:2月22日(金)午前6時45分~9時15分ごろ

《タッチダウン運用後に記者会見 11:00~》)は22日朝、小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン(着地)運用を行う。はやぶさ2がリュウグウに着地するのは午前8時25分ごろの予定。

着地予定地はリュウグウ赤道付近の「L08-E1」と呼ばれるゾーンで、わずか幅6メートルほどの広さしかない。その狭いスペースに全長6メートルのはやぶさ2が降り立つという難しい運用に挑む。

JAXAでは午前6時45分ごろから、JAXA相模原キャンパスの管制室の模様をライブ配信する。配信は午前9時15分ごろまでをめどに行われ、タッチダウン運用を見届ける。

《タッチダウン運用後に記者会見 11:00~》

はやぶさ2 中継着陸成功タッチダウン動画はコレ!

さて次に見逃してしまった方のために、はやぶさ2がリュウグウ着陸成功タッチダウン動画についてお届けします。

ネット上の反応は?

「素晴らしい。

ただミッションの成功はあくまで地球に帰還してサンプルを確認するまでだからまだまだ油断はできない。」

「おめでとう!

無事に着陸成功できているといいですね!」

「おめでとう!!これからの宇宙探査が上手くいくことを願ってます!」

「NASAからも教えてほしいと言われる技術。

本当に素晴らしいと思います。

あとは無事の帰還を祈りたいです。」

「おめでとうございます。

着陸だけで見れば成功だけど、あくまで目的はサンプルの取得だからそちらも成功して欲しい。

地球でも上空から6mの範囲で着陸するのは大変難しいはず。

一言では言えない苦労があったでしょうね。

日本の技術力もまだまだ健在だと思う。」

「おめでとうございます。朝から明るいニュースで、良い1日がスタートできます。日本の技術は、まだまだ捨てたものじゃないですね。素晴らしいです!!」

「素晴らしい!

初代はやぶさに関わった方と話したことがありますが、目がキラキラしていたのを思い出します。

私もそんな心を持ちたいなぁと。

はやぶさ2も無事帰還して欲しい。

しかし、この技術力は素晴らしいだけでは片付けられない。漫画の世界が現実になりつつある。」

Sponsored Link

はやぶさ2 まとめ

はやぶさ2のリュウグウ着陸は興奮しましたね。

このプロジェクトに関わった全ての人たちの感動が伝わってきました。

皆さん晴れ晴れとした顔していましたね。

着陸成功おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

いかがでしたでしょうか。

今回は、はやぶさ2の着陸成功動画にスポットを当ててみました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 神秘・ミステリー, 芸能・ニュース