キラーT細胞 疲弊原因とは? タンパク質「Nr4a」が気になる!

   

がん細胞を攻撃するとされている免疫細胞キラーT細胞の働きが悪くなる仕組みを解明したこと慶応大学教授らが発表しました。

えっそれってどういうこと?

そう思われた方も多いと思います。

最近では堀ちえみさんが芸能人の方で、口腔癌であることを公表していますね。

今回はキラーT細胞の疲弊原因について発表された内容についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

キラーT細胞 疲弊原因とは? タンパク質「Nr4a」との比較実験!

今回の新しい発見では、がんの新たな治療法につながるのではと話題になっているようです。

がん細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」の働きが悪くなる仕組みを解明したと、吉村昭彦・慶応大教授(免疫学)ら日米の共同チームが28日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表する。働きの落ちたキラーT細胞を薬剤などで再び活性化できれば、がんの新たな治療法につながるとしている。

体内のキラーT細胞は、がんを攻撃し続けるうちに徐々に攻撃力が弱まることが知られている。チームは働きの落ちたキラーT細胞の核内に多く作られるたんぱく質「Nr4a」に注目。Nr4aを作る遺伝子があると、キラーT細胞の攻撃力を低下させる分子が細胞表面に作られやすくなり、さらにがんを攻撃するために放出するたんぱく質の放出量も少なくなることをマウス実験で確かめた。

がんのマウスに通常のキラーT細胞を投与すると、90日後の生存率は0%だったのに対し、Nr4a遺伝子がないT細胞を投与すると、生存率は70%に高まった。チームは今後、ヒトのキラーT細胞でも同様の仕組みがあるか調べる。

吉村教授は「Nr4aなどキラーT細胞の疲弊を引き起こすたんぱく質の阻害剤は、がん治療の新たな鍵になりうる」と話す。【荒木涼子】

引用元:ヤフーニュース

Sponsored Link

キラーT細胞 疲弊原因にネットの反応

では、次にネットの反応も見てみましょう。

  • こういう研究にこそ、国はテコ入れして、早急な開発を望みます 
  • 地道な研究は目立たない努力の繰り返しで大変だけど
    癌と闘う多くの患者さんと家族の為に役立つ素晴らしい仕事だと思う 
  • 本当に様々な多くの研究者の方々の努力に
    期待とともに、感謝します。
  • カラダの中で起こっていることを理解し、
    カラダのもつ自己免疫機能(言葉の定義が違っていたら、すみません)
    を最大化する事で、ガンを攻撃する。
  • こういった研究者の地道な努力の積み重ねで、
    良い医薬が登場する事を期待しています! 
  • 偏差値高いのに、金がなくて医学部を諦めざるを得ない高校生が大勢いる。かたや、金の力で、高額な家庭教師を雇い、一時的な学力アップだけで、医学部にしれっと合格してくる高校生もいる。前者と後者、どちらの学生が医師になる方が、功績を残す確率が高いか…。国は、医系や理系の大学をもっとヒイキしても良いと思うのですが…。偏見だと怒られるかもしれない。しかし体育大学や音楽大学から世界一を育てるより、医科大学から世界一を育てる方が、理にかなっていると思うのです。オリンピック選手、美容カリスマ、有名パティシエ、凄腕弁護士、みんな素晴らしいのは百も承知。これらの分野も大切。それはよくわかる。しかしながら、国は、医系理工学系の大学費減額に、もう少し忖度しても良いと思うのです。みんな公平に分け隔てなくは分かりますが、正直、バカ大学に税金いくなら、本当に高偏差値だが金がなくて大学を諦める高校生に、税金を払って頂きたい 
  • がん治療から、がんの発生の根本的仕組みが解明され、がんの根絶されることを祈ります。がんの発見から様々な治療が編み出されてきましたが、人類はいまだにがんの根絶をすることができないでいます。まだまだ果てしない道ですが、今回の発見が大きな成果をもたらすことができますように。そしてそれとともに山中教授が取り組んでおられるips細胞の研究の発展が不可欠と思います。国はこのような研究にもっと投資すべきではないですか。 
  • 大いに期待したい
    でも 最近のがんの新薬 効果かなり期待できるそうですが1回 5000万とか聞いた 1億とかの薬もあるらしい
    すごい確率で効果見られるらしいが。
    命の重さが金額というのわかるが 夢も希望も持てない高額なのは だめだ
  • 手が届く金額で効果的な新薬お願いします。 
  • いいね。頑張ってほしい。
    他の免疫療法と併用すれば格段に効果があがりそう。
    最近増やした国会議員の定数をもとに戻すだけで研究費が潤沢になるだろうにな。 
  • 素晴らしい。が、人間がガンを完全に克服できたとすると、その死因は別の病気か老衰になるわけで、認知症や寝たきり介護の現場を見る限り、必ずしも幸せとは限らないとも思える。若い人のガンが治るのはとても良いことだけどね。

    病気治療や医療に関する研究はおおいに頑張っほしいです!
    一方で、食べ物や食品成分の研究で、〇〇の食物は癌予防に効果があるとか、〇〇の食物の〇〇成分は健康にいい、という研究ありますよね。こちらの方は正直あまりあてにならない事も多いような気がしています。過信は良くないと個人的には思っています。
    なぜなら、こういう健康系の事は食品会社などのサプリメントや食品製造・販売会社の為の売上を上げる為である事が多いからです。

     

  • この様な研究にどんどん税金をつぎ込んで欲しいです。不正や分けの無い意味の無い税金の無駄使いは止めて欲しい。ガンや難病で苦しんでいる方を一人でも多く助ける為の研究や補助にこそ税金を使って欲しいです。国会議員の多くの方もいずれ医療のお世話になる方も多く出ると思いますよ!他人事でなくもう近い将来の自分の為でも有りますよ。議員さんの多くが得意な自己防衛でしょう。

Sponsored Link

キラーT細胞 疲弊原因まとめ

「Nr4a」を作る遺伝子があるとキラーT細胞の攻撃力を低下させる分子が細胞表面に作られやすくなることがわかりましたね。

そしてさらに顔を攻撃するために放出するタンパク質の放出量も少なくなると言うことでこれはかなり、新たな治療法に期待ができそうです。

今回はキラーT細胞の疲弊原因についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 未分類