中村憲剛 新パフォーマンス動画はコレ!FKの完成度が高すぎる…

   

2019年3月1日に行われた明治安田生命J1リーグで川崎と鹿島が対戦し中村憲剛が15年連続のゴールとなる直接フリーキックを決めました。

そのフリーキックの完成度が本当に高すぎる…芸術的なシュートでした。

このゴールの後に新パフォーマンスも披露してくれて会場は大盛り上がりとなっていました。

それでは今回は中村憲剛の新パフォーマンス動画やフリーキックの完成度についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

中村憲剛 新パフォーマンス動画はコレ!FKの完成度が高すぎる…

まずは中村憲剛のフリーキックと新パフォーマンスの動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか。

フリーキックの完成度がほんと高いですよね。

曲がって落ちるきれいな虹を描いてゴールに突き刺さっています。

その後のパフォーマンスも中村憲剛だからできる派手なのに何故かクールに見えるかっこいいパフォーマンスでした。

これはプロレス界のスーパースター「イヤァオ」を拝借したゴールパフォーマンスのようですね!

詳細はこちらになります。

歴戦の司令塔には“その先の未来”が分かっていた。「すべてのフィーリングがピタリとあった。置いた瞬間、『自分がしっかりと蹴れば入る』という確信があった。力むことなく蹴れました」。前半9分、ゴール前やや左からの直接FK。距離は約20メートル。MF中村が放ったシュートは、思い描いた通りの軌道を描いてゴールへと吸い込まれた。

チームとして今季のリーグ第1号。さらに個人ではMF遠藤(G大阪)、FW中山(沼津)と並んで史上2位タイとなるJ1で15年連続得点。中村自身は「何年連続で、とかそういうの好きだよね。まあゴールを決めることで悪いことは一つもないけど」と苦笑いを浮かべるが、これまでの鍛錬の成果が詰まった一撃だった。

プロ入り17年目の中村が初めてJ1でゴールを奪ったのは05年8月24日の横浜M戦。それから4937日。来る日も試行錯誤を重ね、ボールを蹴り続けてきた。だからこそ、蹴った瞬間ではなく、“置いた瞬間”に分かる。「決まる時にはよくある。壁の雰囲気、GKの雰囲気。蓄積、積み重ねです」。ゴール後は、プロレス界のスーパースター、中邑真輔氏の「イヤァオ」を拝借したゴールパフォーマンスを見せた。

引用元:Yahoo!ニュース

中村憲剛 新パフォーマンスにネット反応

それではJリーグ 15年連続ゴールと新しいパフォーマンスを見せてくれた中村憲剛選手についてネットの反応も見てみましょう!

  • オーオーオーのとこサポーターは、どうすればいいんだろう?統一したい。
  • いつ見れるかなぁと思っていましたが、もう見ることができました。
    中村選手と中邑選手のコラボ。
    これからもたくさん見ることができそうですね。
  • 勝てればもっとよかったですね!
  • 最初中村繋がりのダジャレかと思いきや、ほんとに中邑真輔の入場ポーズしたのね。面白い。
  • 38歳のベテラン選手と思えん。
    どこまで 盛り上げようとするんや?
  • ヒザ蹴りで決めなあかんな
  • Jリーグはtotoがあるから八百長を匂わすポーズはいかんと思う。
  • 中邑と中村のコラボですね(^^)
  • コラボ!?
    カッコいいじゃない!

Sponsored Link

中村憲剛 新パフォーマンスまとめ

今回の中村憲剛の15年連続ゴールは、得意のフリーキックと言うことでその魅力を存分に見せてくれました。

昨年のアジア王者相手に結果は引き分けと言う形になりましたが、中村憲剛選手の活躍により勝ち点1をもぎ取ることができました。

それでは今回は、中村憲剛選手の新パフォーマンスとフリーキックの完成度についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - スポーツ