小学館広告 物議の画像はコレ!最新号の宣伝に批判の声の理由も

   

2019年2月28日に発売された小学館の女性誌ドマーニの広告をめぐってインターネット上では批判の声が上がっています。

内容は「ママに見えないが最高の褒め言葉」などのキャッチコピー。

批判内容は時代遅れだとの声が上がっています!

それでは今回は小学館広告の物議についてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

小学館広告 物議の画像はコレ!最新号の宣伝に批判の声の理由も

物議をかもし出している広告が掲載されては場所は東京メトロ表参道駅の野外広告になります。

2019年2月28日発売の最新の小学館の女性誌ドマーニの広告です。

掲載期間は3月3日まで。

東京メトロと言えば、3月3日には、東京マラソン2019が開催されますね。

観戦客も多いはず。

きっとさらなる物議をかもしだそうだしそうですね。

詳細はこちらになります。

広告では、「ニッポンのワーキングマザーはかっこいい!」として、「働く女は、結局中身、オスである」「今さらモテても迷惑なだけ」「"ママに見えない"が最高のほめ言葉」「ちょっと不良なママでごめんね」「忙しくても、ママ感出してかない!」などと書き連ねている。

ツイッターでは「なんでママに見えちゃダメなの」「制作者側の意識の低さと古さを感じる」などと批判が集まっている。

大阪大の牟田和恵教授(ジェンダー論)は3月1日、J-CASTニュースの取材に、

「子どもがいても働くのは当たり前で、名誉男性(男性中心的な考えを持つ女性)じゃないとダメだという時代ではないにもかかわらず、このような広告が出稿されたのは時代遅れだ」

と苦言を呈す。

「このごろ女性を蔑視するような広告が続いているため企業も敏感になっているかと思えばこういうことがおきた。素直にびっくりです。企業はリアルな女性たちの姿を広告に取り入れるべき」(牟田氏)

小学館広報室は取材に、「ご意見を真摯に受け止め、今後の誌面づくりに役立ててまいります」とコメント。広告は3月3日まで掲出予定だとしている。

引用元:Yahoo!ニュース

Sponsored Link

小学館広告 物議にネットの反応

さて小学館の広告に批判が殺到していてその大元となっているのはネット上の声だそうです。

それではネットの反応も見てみましょう。

  • domaniは最近編集長が変わったのか、前に比べて見出しがつまらなくなった。もう買ってない。
  • 前は、アラフォー向けでも独身・子なしでバリバリ働く綺麗な女性をサポートするような内容が多かったのに、いきなりママ路線になり出した。方向転換の失敗だと思う。
  • 最近、表参道駅で見て、言葉がきれいじゃないなと感じました。独身で仕事をずっと続けている40代後半ですが、子育てしながら働く女性をとても尊敬していますし、出来るだけサポートしたいと思って過ごしています。
    その上で、仕事場において男性と同じように最前線にいられるかいられないかは、戦うスタイルではなく、相手も尊重しつつ、周りを巻き込んで目的を達するしなやかさ、柔軟さじゃないかと。あまり性別は関係なく、人てしてどうかだと思いますし、そういう時代になってきていますので、この広告の考え方はかなり古い気がします。
  • この雑誌、子がいる人向けに路線変更しようと頑張っているんだなと数ヶ月前に思いましたが、
    キャッチコピーが荒いというか表現が雑なんですよね。
    もっと子供がいても否定的じゃない表現で路線変更すれば、否定されなかったのにね。
  • そもそも、雑誌作りって、言葉を紡いで作られていくはずなのに、批判されてしまうって、その雑誌作りをしている人達はプロじゃないのかしら。。
  • 以前マツコが言ってた言葉を思い出しました。
    「女性政治家の中身は男だもん」
    この言葉に多くの女性がうなずいていました。

Sponsored Link

小学館広告 物議まとめ

ネット上ではかなりの批判が上がっていますね。

特にTwitter上ではこの広告を見て気分が悪くなった方もいらっしゃるようです。

3月3日には東京マラソンが行われ見るので多くの方が得られると思います。

さらなる物議を呼ぶ可能性もありますね。

今はかっこいい女性像も変わってきているのだと思います。

皆さんはどのようにお考えでしょうか?

それでは今回は、小学館広告の物議についてお届けしてきました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース