真紅の翼 伝説の飛行機はどこへ?羽田空港の滑走路の地下には何が…

皆さんは「紅の翼」って知ってますか。

ジブリ映画の紅の豚では無いですよ。

羽田空港の地下に眠り続ける伝説の飛行機のことを通称「紅の翼」といいます。

飛ぶことが許されなかった飛行機たちのこと。

では、なぜそんな悲運な状況になっているのでしょうか。

今回は紅の翼伝説の飛行機はどこへ?そのストーリーを一部ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

真紅の翼 伝説の飛行機はどこへ?羽田空港の滑走路の地下には何が…

羽田空港の滑走路の下には飛ぶことが許されなかった飛行機達の残骸が眠っています。

なぜこのような事態になったらなんでしょうか。

まるで都市伝説が本当の話だったみたいですね。

意外と信じるか信じないかはあなた次第なのかもしれませんね。

紅の翼の伝説の飛行機についての詳細はこちらをご覧ください。

通称「真紅の翼」

 羽田空港は、国内で最も利用者数の多い空港だ。’17年度の乗降客者数はのべ8567万9637人。一日の離着陸数はおよそ1200回にもおよぶ。

フライトの出発点でもあり、終着点でもあるのが滑走路だ。実は、羽田空港の滑走路の地下には、かつて飛ぶことを許されなかった「悲運の飛行機たち」が埋まっているという。つまり、飛行機の上を飛行機が走っているのだ。なぜ、この妙な状況が誕生したのか。

時は1945年、第二次世界大戦の終焉まで遡る。当時羽田空港は、軍事拠点として利用されていた。空港内には数十機の航空機や、大量の兵器などが保管されていた。

終戦後、GHQにより日本国内における航空機の製造・研究は全面的に禁止された。その結果、航空機関連の資料はすべて没収され、空港内にあった飛行機や武器などは、そのまま羽田空港の敷地内で廃棄された。

当時、空港の傍らには「鴨池」という池があった。ほとんどの航空機はこの池に投棄され、埋め立てられたという。

この鴨池の位置していた地点こそが、現在羽田空港の滑走路になっているのだ。以来、「飛行機の上を飛行機が走る」状況が続いている。

ちなみに、地中にある機体の中には、非常に貴重なものもある。それが航空研究所試作長距離機、通称「真紅の翼」である。

実はこの機体、無着陸での飛行距離と、飛行時の速度において、当時の世界記録を誇っていた。国産の機体が「世界一」だったのは、後にも先にもこの時だけだ。

その名の通り両翼は赤く塗られており、鮮やかな外見が人気を集めた。1939年には、その姿が描かれた郵便普通切手が制作されている。

だが、羽田空港にとどめ置かれていたこの機体もまた、GHQによる容赦ないスクラップの対象だった。現在は機体の現物は残されておらず、レプリカが一つ保存されているのみだ。

せわしなく離着陸を繰り返す滑走路の下で、伝説の機体は今日も、「後輩」たちの飛び立つ姿を見守っているのかもしれない。(森)

<今回の紹介書籍:『空港&飛行場の不思議と謎』(実業之日本社)>

引用元:『週刊現代』2019年2月9日号より

石原裕次郎さんの曲に「紅の翼」という曲もあります。

真紅の翼にネットの反応

皆さんが知らないだけで、都市伝説のような話って実は本当なのかもしれませんね。

伝説の飛行機通称紅の翼は、羽田空港の滑走路に埋まっていることがわかりましたね。

それではネットの反応を見てみましょう!

  • もう掘り起こす事は出来ない場所だなぁ。
    恐らく当時の英知を集めた情熱の塊が埋まってるのかと思うと、複雑な気持ちになる。
    そして、そんな事が有ったことすら知らなかった。
  • 何百年後かわからないけど、発見されることが有るかも知れないときの為に、資料だけでも後生に残しておいて欲しいな。
  • 同じ様に、場所は何処だったか忘れてしまいましたが、モーターショーが開かれる埋立地はスクラップに成った車達の鉄屑が埋められているとか・・・
    当時は、十年経ったら車検が一年毎になる制度で、まだまだ充分な位走る車が可哀想にどんどん廃車に成ってしまう時代
  • この「航研機」は1938年、東大が開発・運用して、関東平野に設けられた三角コースを62時間ほど飛び、周回航続距離10651kmの世界公認記録を作った。
    「航研機」の成功の前年、朝日新聞の神風号が、羽田=ロンドン間の往復親善飛行に成功し、都市間連絡飛行の国際速度記録を作った。のちに事故を起こし、外観だけ修理して展示されていたが、やはり米軍が破壊した。
    航研機の2年後、毎日新聞のニッポン号が世界一周に成功したが、やはり敗戦時に米軍に壊された。
    いずれも法的には民間機で、記事のように「軍用機と見なされ」たとするのはやや疑問がある。3機とも、戦前の日本人の誇りだった。戦勝国としては、跡形もなく消してしまいたかったのだろう。
  • 羽田空港に勤務して数十年だが、その話しは知らなかった、確かに旧空港時代は事故が多発した空港だが、それも原因だったのかね?旧滑走路に出た幽霊、夜中に羽田沖に飛ぶB727のシルエットは結構みたが、それは事故で亡くなった方々だろうけど。
  • 海辺の地下への埋め立てでは、残念だけど腐食が進んでいるだろう。
    場所柄、何年先になるか判らない発掘では、多分資料性も失われている危険性が有る。
    埋められて空気が遮断されているだろうけど、土壌塩分は多いだろうし燃やされたりしていては腐食も激しいだろう。
    無造作に積み重ねられては、機体個体の分類も難しい。
    その場所を聖地として、後世に伝えて行くのが一番だし、現存資料を閲覧出来る博物館を羽田空港内に作るべきだ。

Sponsored Link

真紅の翼 伝説の飛行機まとめ

羽田空港の滑走路の下に飛ぶことが許されなかった飛行機が眠っていることがわかりましたね。

それは通称紅の翼と呼ばれています。

すごくはかない話ですが、なんだか都市伝説の世界みたいで興味をもたれた方もいらっしゃると思います。

皆さんはどう思われましたか?

今回は、紅の翼伝説の飛行機についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です