3年A組 映画化が結末!10話最終回ネタバレと感想!犯人は〇〇!

      2019/03/05

「3年A組〜皆さん暇から、人質です」の第10話最終回が2019年3月10日に放送されますね!

3月3日に放送された第9話では、衝撃の展開を迎えました。

さくらが「殺したの。私が殺したの」と発言し周りが驚いていると銃声が聞こえ、柊が打たれてしまいます。

そしてクロマニヨンズの曲が流れ、エンディングと…

この回を見た視聴者からは一体どうなったの。

といった悲鳴の投稿がTwitterに溢れかえっていました。

そして3年A組はどういった結末を迎えるのでしょうか。

映画化決定のニュースも流れています。

それでは今回は3年A組の最終回の感想と映画化についてもお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

3年A組 第10話最終回のあらすじ

いよいよ最終回を迎える3年A組。

まずは最終回のあらすじから↓

最終回のあらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

Sponsored Link

3年A組 映画化はフェイクニュース?

実は映画化のニュースが流れたときにこのニュースはフェイクのではないかと騒がれました。

はたまた、

ドラマで謎は解き開かされず、映画に移っていくと言う情報も。

犯人、そして結末は3月10日の放送で明らかになるはずです。

こちらが映画化が発表された時のニュースになります。

映画化のニュース

https://twitter.com/ll030516/status/1102212191535554561

確かにこの映画からのニュースは少し怪しさがありますね。

こんなツイートも。

もしかしたら本当にフェイクニュースで、脚本から視聴者に考えさせるためのカラクリだったのかもしれませんね。

Let's、think!

Sponsored Link

3年A組 映画化が結末?犯人は〇〇!

今回の3月10日の最終回でこのドラマが本当に終わるのかが、はっきり分かるはずです。

つまり最終回次第で映画化が本当なのか、そしていつごろ放映される予定なのかが見えてくると思います。

映画化はいつについては3月10日の放送後追記したいと思います。

それでは最終回を楽しみにしていてください。

きっととんでもない結末が待っていると思います。

そして犯人は誰なのでしょうか。

第9話で柊先生の、無言の口パクの台詞部分についての記事はこちら

3年A組 読唇術で口パク(無音)を解読!犯人は茅野さくらで黒幕?

それでは今回は3年A組の映画化はいつについてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - TVドラマ・映画・音楽