芦田愛菜 約100年前の着物はどこのブランド?値段はいくら?【画像】

女優の芦田愛菜さんが11月9日に行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で着用した着物が話題になっています。

2分半に及んだお祝いの言葉は日本中、世界中の人々の心に染み渡りました。

美しい着物姿で登場した芦田愛菜さんの祝辞は本当に素晴らしかったですね。

この着物は、どこのブランドのものなのかなってる方も多いと思います。

今回は、芦田愛菜さんが『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で着ていた着物について見ていきましょう。

Sponsored Link

【画像】芦田愛菜の着物姿(振袖)

11月9日に行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で芦田愛菜さんが着用していた着物姿を見て見ましょう。

芦田愛菜の着物姿|正面画像

芦田愛菜の着物姿|横画像

芦田愛菜の着物姿|後ろ姿の画像

芦田愛菜 約100年前の着物はどこのブランド?

芦田愛菜さんの祝辞は、15歳とはとても思えない言葉選びに歓喜の声が上がりました。

芦田愛菜さんが、『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で着ていた着物が素敵で、どこのブランドのものか気になってる方も多いようです。

上品な装いでお祝いの場にふさわしい着物姿で登場した芦田愛菜さん。

芦田愛菜さんの着ている着物は、実は約100年前に制作されたアンティークになります。

この振袖を提供したお店は、老舗呉服店の「鈴乃屋」さんになります。

この振袖が作られたのは昭和初期の頃で今から約100年ほど前になります。

染谷おり刺繍をふんだんに使って、刺繍の縁取りや色合いも微妙に変化させ手間をかけた豪華な仕上がりになっています。

Sponsored Link

芦田愛菜 着物の値段はいくら?【画像】

芦田愛菜さんが『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』の祝辞を読まれた時に着ていた着物は約100年前につくられたもので、アンティークになります。

ですので、値段はつけられる代物ではないことがわかります。

通常、値段の高い振袖では2千万から3千万のもの。

ですが、芦田愛菜さんが着用していた振袖はそのレベルではないことがわかります。

芦田愛菜の着物の特徴

「きものの柄である菊の花は、花弁を手刺繍・縁を金駒刺繍(きんこまししゅう)で施し、豪華さを醸し出しています。また、全体的に匹田絞りと桶絞りでボリューム感を表現、朱色と緑の配色で、品のある色合いの中にも冴える印象を与えるものになっています」という。

 金駒刺繍とは、高度な着物職人の技法の一つで、糸を木製の駒(糸巻きのようなもの)に巻いて転がしながら刺繍糸を這わせ、綴糸で留めていくもの。その中でも金糸を使ったものを「金駒刺繍」と呼ぶ。菊の文様自体も、美しく香り高い一面を表し、長寿を象徴する文様として知られているおめでたいものだ。

 帯も「斜子織(ななこおり)」と呼ばれる技法が用いられている格調高いものだ。京都や川越などが産地として有名で、光が当たると細やかな市松模様が浮かび上がるのが特徴とされる。

Sponsored Link

芦田愛菜の着物 終わりに

今回は、芦田愛菜さんが『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で着ていた着物について見ていきましょう。

今回の記事をまとめると、

  • 芦田愛菜さんが祝辞で着用していた着物は約100年前のアンティーク
  • 振袖を提供したところは老舗呉服店の鈴乃屋
  • 値段はつけられるものではない

と言うことがわかりましました。

それにしても素晴らしいお着物で、芦田愛菜さんが着ることで凛とした素敵な雰囲気に包まれました。

それでは今回はこの辺で、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です