水谷隼 目の症状(病気)は…視力やレーシック後サングラス(メガネ)着用の理由も!

   

2019年1月に全日本選手権優勝を果たした日本の卓球のエース水谷隼選手ですが、実はこの1年間、卓球の球が見えないほどの症状を抱えていたようです。

ニュース記事でこれを知った時は本当に驚きました。

一体どういったことなのでしょうか。

気になりましたので調べてみました。

それでは今回は、水谷隼選手の目の病状についてスポット当ててみたいと思います。

Sponsored Link

水谷隼 目の症状(病気)とは?

水谷選手は深刻な目の病状を抱えていたようです。

「文字通りです。見えないんです、この1年間かなりきつかった。」

と本人は語っています。

自分の目の症状について「日常生活に支障はない。でも “特定の条件”になった時に球がまったく見えない。つまり、卓球台の周囲が暗くて、台にだけ白い光が当たっている。そして周囲が電光掲示板で囲われている場合、ほとんど球は見えていません」と明かす。Tリーグにしろ、ワールドツアーにしろ、大抵の場合、大きな試合であれば客席が暗く、卓球台はライトアップされ、周囲はLED掲示板のスポンサー表示が並んでいる。もしこの言葉が本当なら大舞台の試合はほとんど球が見えていなかったということになる。

水谷の視界に相手はどんな風に写っているのか。「まず相手がボールを構える。その時に(掲示板と)かぶって、フッっと球が“消える”んです。その後、打球の音だけが聞こえる。ボールはネットを越えたあたりから突然現れる。この1年の僕のプレーを見てもらってもいい。まったく逆をつかれて驚いていたり、ラケットの角に当たって返球してる場面が本当に多いんです」。

普段冷静な水谷が悔しさをにじませる。「正直現役引退も考えていました。卓球やっていても悲しいんですよ」。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000004-rallysv-spo&p=1

水谷隼 視力はいくつ?レーシック手術はしてる?

水谷選手が視力の低下に悩み始めたのは5年前のことだそうです。

もともと水谷選手の視力は両眼とも1.5ほどあったにもかかわらず、左目だけが急に0.3位まで落ちて近視と乱視のような状態になったようです。

そこで左目だけレーシック手術を受けたようです。

そこで視力は元に戻り5年間、大活躍されてますよね。

ですが、今度は2018年1月ごろから右目の視力が落ちていたそうです。

右目はほんの少し乱視と近視があったようで、本来は手術する必要がなかったのですが、少しでも良くなればと思いレーシック手術をしたところ改善できなかったようです。

Sponsored Link

水谷隼 サングラス(メガネ)着用の理由は?

水谷選手が現役を引退することも考えたそうです。

この1年間は全盛期の3割ぐらいの調子と言っています。

この1年の調子について水谷は「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」とまで言い切る。だが、悩んでばかりもいられない。苦肉の策として選んだのがサングラスの着用だった。「サングラスをつけると少しマシですね。5割くらいの力はなんとか出せるようになった」。

ですが、そんな状態でもティーリーグではチームを優勝に導き全日本選手権ではV10を達成しています。

これだけ深刻な目の病状を抱えながら水谷、選手が卓球を続ける理由は、日本卓球界の危機感だそうです。

3割の僕にとっても優勝できてしまうようでは日本の若手がまだまだだって言うこと。もっと貪欲に勝ちに来て欲しい。もっと貪欲に倒しに来て欲しい。このままでは安心して任せられない。たとえ自分がどんなに楽なっても、卓球界に、続けるつもりです

と語ってくれています。

いかがでしたでしょうか。

それでは今回は水谷隼選手の目の病状についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - スポーツ