新しい職場【NG言動例】慣れるまで40代はしんどいから気をつけて!

この季節になると転職をして新しい職場につかれることも多いと思います。

特に40代の方は、転職される方も少なくはありません。ですがとても精神的にも肉体的にもしんどいですね。

自分よりもひと回りも若い子が上司になることだってあるでしょう。

新しい職場につかれたばかりで「やってしまった」と悩む方がどうしても後をたちません。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、「おじさん脳」になっている事に気付けない年代がちょうど40代。頭の固い年配の方が入ってきたと思われたら最悪です。

そこで今回は、新しい職場のNG言動例についてご紹介します。

Sponsored Link

新しい職場【NG言動例】慣れるまで40代はしんどいから気をつけて!

転職をして新しい職場に着いたならまず初めに気をつけなきゃいけないことは言動です。

なぜ言動に気をつけなきゃいけないかと言うと、職場にはその職場の風土があり、その風土が会社のルールです。

つまり会社のルールに沿わないとどうしても常識非常識が問われるのです。

ではそのためには新しい職場についたらまず気をつけたほうがいいNG言動をご紹介します。

前の会社との比較

まず絶対に言ってはいけないこと、それは以前働いていたと会社との比較です。

例えば、

「前の会社は食堂があったのにこの会社は食堂がないのね。」

このようなことを言ったら、食堂がないのがその会社の方針になっていますので特に上司やまたその上の上司に聞こえてしまってはまずいでしょう。

その他にも、つい言ってしまいがちなのが、

「前の会社では新しいものを使っていたわ!」

これも絶対に言ってはいけません。

昔からある古いものを大切にする社風なのかもしれませんし、そもそも新しいものを導入するための費用もないのかもしれないです。

こういった前の会社との比較する発言は絶対にやめましょう。

改善案

次に気をつけたいところは、改善案を言ってしまうことです。

新しい職場に移ればやはり初めに受けるのは研修でしょう。

その研修の中でマニュアルが見づらいとかもっとこのように説明したほうがわかりやすいとかそんな事は絶対に言ってはいけません。

たとえ心の中でそう思ったとしても口には出さず最低3ヶ月は黙っていましょう。

まず間違いなく新しい改善案と言うのはすぐに批判されます。「なんだこの上から目線は」と非難され最悪のところ空気の読めない奴と認定されてしまいますので、絶対にこれはNG言動なので気をつけてください。

カタカナビジネス英語

次に気をつけた方が良い言動は、社風に合っている言葉を選ぶことです。

その会社にとってこの言葉は適切なのかということを考えるとわかりやすいでしょう。

例えばですが、

アサインとか、イシューとか、バジェットとかがそういった例に挙げられます。最近では、「ジョインしよう」とかこういった横文字を使った言葉は格好つけてるように思われます。

以前の会社で頻繁に使われていたようであったとしてももうすでに新しい職場に着いているわけですのでその職場にはその職場なりの言い方と言うものがあります。

決して、会議の中でそういったカタカナビジネス用語は使わないようにしてください。

はじめのうちはどういった形かなビジネス用語が出てくるのか注意深く見たほうがいいです。

ネットでの40代の批判の声

ここではツイッターで40代に対するNG言動による批判の声をご紹介します。

このように40代の言動には冷ややかなコメントが多いのが事実です。自分はそうなってないかいまいちどこの機会に振り返ってみましょう。

Sponsored Link

新しい職場【NG言動例】まとめ

今回は、新しい職場におけるNG言動例どれとして40代が転職したしてしまった際にやりがちな言動についてまとめてきました。

せっかく転職した先ですので元の数ヶ月が勝負です。

慣れるまで決して楽ではありません。

特に40代となると以前まで使っていた行動そのものが癖として残っていますので慣れるまではしんどい思いをするでしょう。

ですがそれも初めの数ヶ月だと思いますのでいくら思うことがあったとしてもそれは心の中にそっとしまい、我慢することを徹底してください。

それでは新しい職場での素敵なワークライフをお楽しみ下さい。

それでは今回はこの辺で。

【大喜利】小泉進次郎が言いそうなこと!ツイッターポエムまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です