LiSAと鈴木達央の世田谷マンションの自宅住所の場所はどこ?【画像】

人気歌手の LiSA さんと人気声優の鈴木達央さんが結婚し話題となっています。

突然の電撃結婚となり驚いた方も多いと思います。

二人は以前より同棲がスクープされており、破局という噂もありましたが、この度めでたく結婚となったようです。

今回は、 LiSAさんと鈴木達央さんの熱愛スクープショットとともに同棲しているという自宅マンションについて見ていきましょう。

Sponsored Link

【画像】LiSAと鈴木達央が結婚を発表!

まずは、 LiSAさんと鈴木達央さんの結婚の ニュースが報じられた記事から見ていきましょう。

昨年大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』にも出場した歌手のLiSA(32)が22日、自身の公式サイトで声優の鈴木達央(36)と結婚したことを発表した。 

 「いつも応援してくださる皆様へ」として「この度、私、LiSAは鈴木達央さんと入籍しましたことをご報告させていただきます」と報告。 

 鈴木については「日々を過ごす中で、なにかに迷うときや、挫けそうなときも力強く支えてくれる方です」と語り、「私なりに、私たちなりに、これからの人生を想い考え、結婚することにしました」と思いを明かした。 

 「いつも信じてくれる皆様に、大切な瞬間を預けてくれるみんなに、最高な音楽、最高なライブをお届けできるよう、みんなと”いい日”を重ねていけるよう、これからも全力でLiSAをお届けします。どうぞ今後とも宜しくお願い致します。今日もいい日だっ 令和二年一月二十二日」と結んでいる。 

 LiSAは2010年にテレビアニメ『Angel Beats!』の劇中バンド“Girls Dead Monster”の2代目ボーカル・ユイ役に抜てきされ人気を集め、翌年の11年にミニアルバム『Letters to U』でソロデビュー。その後、テレビアニメ『Fate/Zero』『ソードアート・オンライン』など人気作品の主題歌を担当してきた。昨年はテレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」もヒットし、年末の『紅白歌合戦』に初出場を果たした。

実は2人は以前より、度々スクープされ話題となっていました。

そしてこの度、めでたく結婚ということになったようです。

Sponsored Link

【画像】LiSAと鈴木達央の手繋ぎデートと匂わせTシャツ

二人は2016年の10月に、週刊文春が報じたツーショット画像が拡散され熱愛が度々噂されてきました。

こちらがその熱愛が報道された時の画像です。 

鈴木達央さんといえばFree!などで活躍している人気声優ですが、

 二人は仲良く歩いている姿をスクープされています。

その後二人は2018年3月27日の夜に。目黒区沿いの手繋ぎデートが報じられています。

世田谷区高級マンションにその後二人は帰宅したと報じられました。

こちらがその時のスクープされた画像です。

 りささんが運転する車の助手席に鈴木さんが乗り込み桜が満開の目黒川へ向かったというのです。

そこでふたりは手つなぎデートを満喫し1時間ほど桜を楽しみ、その後二人は同棲している世田谷のマンションに帰宅したようです。

 二人の同棲が発覚したのは度々出入りしていることがスクープされたことによるもののようでどうやら同棲していたのは確定だったようですね。

その他にも同じ T シャツを着ている匂わせ画像なども拡散し話題となっていました。

こちらがお揃いの T シャツの画像になります。

二人の写真を見ていると本当に仲良さそうでピースして笑顔で写真に写っている姿はまさにカップル。

これは順調に恋愛が進んでいるんだろうなと想像させてくれました。

Sponsored Link

LISA彼氏バレ写真で判明した鈴木達央と世田谷マンションの同棲場所はどこ? 

二人が同棲しているマンションは週刊文春によると世田谷区の高級ファミリーマンションということのようです。

世田谷区にはたくさんの高級マンションがあるので実際の場所はどの辺りかというのは不明ですが、二人とも人気のある芸能人ですので同棲するにあたりぴったりの場所と言えるでしょうね。

しかも二人は相当稼いでると思うので世田谷に住んでいても確かにおかしくありません。

では、同棲しているマンションはどこなのでしょうか?

マンションの広さはファミリーマンションですので3 LDK ほどのマンションの可能性が高いと思われます。

二人は 車を所有しているため駐車場付きの豪華なところではないかと想定されます。

こちらがその画像になります。

Sponsored Link

 まとめ

 この度二人は結婚ということでめでたくゴールインしました。

二人ともこれからまだまだ活躍できる年齢ですし今後の飛躍に期待したいですね。

どうぞお幸せに。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です