インパルス堤下 2回目の不祥事はなぜ?睡眠薬の種類と名前は何?

   

お笑いコンビであるインパルスの堤下敦さんが交通事故を起こしてしまいました。

今回の事故で2回目となりますが、1回目は5ヶ月前の2017年6月でした。その際は睡眠薬を服用した状態での運転が原因でしたね。

インパルス堤下さんに一体何があったのでしょうか?

気にましたので調べてみました。

それでは今回はインパルス堤下さんの2回目の不祥事についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

交通事故の現場の場所は?車種は何?

さて今回2010年11月にインパルス堤下さんが起こした交通事故の現場場所はどこなのでしょうか?

場所は、神奈川横浜市神奈川区反町の国道交差点のようです。

ブログ主が住んでいるシェアハウスからわりと近いとところだったので驚きました。

だいたいの場所はわかりますが、あそこの交差点は特に見通しも悪くなく普通に運転していたら事故起こす場所ではないなとは思います。

車種はフォルクスワーゲンという情報もありましたが定かではありませんね。

ではなぜ今回、インパルス堤下さんは交通事故を起こしてしまったんでしょうか?

やはり睡眠薬など飲まれていたのでしょうか?気になりますね。普通に考えて睡眠薬を飲んで車を運転するなど危険だっすぎてできることではありません。

ただでさえ車運転中眠くなったら危ないなと思い車を一旦止めて安めのが自然だと思います。車運転中に眠くなってしまったら逆に眠気を覚ますために何をするか考えるのが普通だと思いますよね。怖くて運転できません。

インパルス堤下敦 2回目の不祥事はなぜ?

今年2017年6月に起こした事故の原因は、睡眠導入剤を飲んだ状態での運転による事故を起こし書類送検されました。

運転誤りや確認不足などによる交通事故ではなく睡眠導入剤を飲んだ状態での運転になりますので、ただの交通事故とは言い切れませんね。

とても危険な状態での運転だったと思います。

今回もやはり睡眠薬を導入した状態での運転だったんでしょうか。

事故現場ですが、相手の車はゴミ収集車になります。そしてまたゴミ収集車に乗車していた男性2人が軽傷をおっています。

この事故について堤下さんは「自分の不注意で事故を起こしたこと間違いない」と語ってするそうで現在神奈川県神奈川しょう。では、自動車運転処罰法違反の疑いで事故の原因など詳しく調べているようです。

Sponsored Link

睡眠薬の種類と名前は何?ベルソムラやアレルギー薬も服用

お笑い芸人インパルス堤下さんが、6月に起こした交通事故は正常な状態でない、つまり睡眠薬を服用していた際に起こした事故です。

場所は東京都内で道路交通法違反の疑いで9月に書類送検されたばかりです。

東京都世田谷通りの車道で車を停車し意識がも売ろうとした状態で警視庁署員に派遣されました。

アレルギー治療により堤下さんは医師から処方された薬を飲んでいたそうです。

薬の種類は、

◼︎睡眠薬

ベルソムラ 20mg 1錠
レンドルミンD錠

◼︎アレルギー薬

アレジオン錠20ミリグラム2錠

のようですね。

記者会見で、堤下さん語ったことは「銭湯から自宅まで車で十分足らずのでいいだろう…家についてから睡眠薬が作用する」と思ったと語っているそうです。

銭湯で服用したのでしょうか?なぜ家に帰ってから睡眠薬を飲まなかったのかは不思議ですね。

やはり薬を飲むタイミングってのは本当に重要ですよね。食後や食前自分のタイミングで飲むだけではなくこれから自分が起こす行動や周りの状況考えた上で服用したほうがいいですよね。

インパルス堤下さんのファンの方はとても残念だと思います。インパルスというコンビがやはり面白いコンビなので、何とか続けていけるように頑張っていただきたいですね。

今回の事故では、「睡眠薬は服用していない。運転中に考え事をしていた」と語ってるそうです。

それでは今回はインパルス堤下さんの2回目の不祥事についてまとめてきました。

また新しい情報が分かりましたら追記してきたいと思います。

それでは今回はこれにて失礼します。

関連コンテンツ001

 - お笑い芸人