令和を書いた人は誰?茂住修身の読み方やプロフィール経歴を調査!

      2019/04/02

2019年4月1日菅官房長官の記者会見で新元号が発表されました。

新元号は『令和(れいわ)』でしたね。

そして、新元号発表する際に習字で文字を書いた字が綺麗だと話題になっています。

この新元号『令和』の文字を書いたのは、内閣府辞令専門官で書家の茂住修身さんということがわかりました。

今回は、茂住修身さんのプロフィール等についてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

令和(れいわ)を書いた人は誰?

菅官房長官が掲げた令和の文字がとても綺麗で話題になっていますね。

この『令和』の文字を書いたのは、書家の茂住修身さんということでした。

では、プロフィールを見ていってみましょう。

名前:茂住修身(もずみおさみ)
生年月日:1956年
年齢:62歳ほど
出身:岐阜県飛騨市古川町
職業:内閣府辞令専門官
学歴:大東文化大学

Sponsored Link

茂住修身の読み方やプロフィールや経歴は?

茂住修身さんの読み方からお届けします。

茂住修身 = もずみおさみ

とお読みします。

茂住修身さんは、内閣府辞令専門官で現在の年齢は62歳です。

この内閣府辞令専門官という役職は、政府の辞令を書く専門の仕事のようです。

そういった役職があったんですね。

聞いて驚きました。

という事は賞状の字を書く時もこの役職の方が書かれるのでしょう。

通りで字が上手い方だなぁと思いました。

達筆であり、心が入った文字のように思います。

Sponsored Link

令和を書いた人 茂住修身氏のまとめ

ネットでも、『令和』の文字を書いた人は誰なんだろうという話題になっていましたね。

文字がきれいでとても濃い印象な文字でした。

日本中が注目する、新元号の発表でしたが無事何の問題もなく公表されて本当に良かったですね。

事前準備がしっかりされていてとてもスムーズな発表会見となりました。

新しい時代にふさわしい新年号『令和』に気持ちを引き締めて令和元年に備えて行きたいですね。

いかがでしたでしょうか。

それでは今回は、菅官房長官が掲げた文字『令和』を書いた茂住修身さんのプロフィール等についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

令和の名前の由来や意味合いは?新元号の読み方や名付けた人は誰?

令和元年はいつからいつまで?何月何日から何ヶ月と何日間?

令和 アルファベットはRとLのどっちが正解?ローマ字表記を調査!

令和 予言者しゃんは未来人?予想的中ツイッターは3年前に投稿!【新元号を当てた人物】

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!