ノートルダム大聖堂火災の予言(予知)カードや都市伝説(陰謀論)のまとめ!

      2019/09/14

2019年4月16日の午前2時ごろフランスのパリの「ノートルダム大聖堂(寺院)」で大きな火災があり炎上しました。

この世界遺産でもあるノートルダム大聖堂は修復工事中だったようで、

出火の原因は、修復工事の作業が原因ではないかと言われているようです。

一説では「はんだごて」が原因ではと言われてますね。

そこでSNSで都市伝説が好きな方たちで、今回のノートルダム大聖堂の火災を「予言していた」といった話題が上がっています。

気になりましたので、一つ一つ調べて行ってみたいと思います。

それでは今回は、ノートルダム大聖堂の予言についてお届けします。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂火災の都市伝説

今回の火災でノートルダム大聖堂はほぼ全焼だそうです。

マクロン大統領は、再建に向けた寄付金を募ると言っている通り5年以内に再建築を予定していると語っています。

ノートルダム大聖堂はユネスコの世界文化遺産にも登録されている建物です。

修復工事を行っている最中だったそうです。

世界的有名な建物ですので、何か予言があると思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

Twitterを調べてみたところ陰謀説などが投稿されていたのでまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

イルミナティカード(フリーメイソン)や都市伝説

何か歴史的な事件があると注目されるのが、イルミナティカードですね。

このカードは、9.11の事件で話題になりました。

今回のノートルダム大聖堂の火災に似たカードはこちらでした。

これは日本の銀座のある場所とも言われていたようですけども…確かに言われてみると似てるような気がします。

カナダにある短編映画で大聖堂の火災が予言されていたと言う情報もありました。

映画の名前は、「I,Pet Goat 2」イルミナティによるものであったと思う噂されてるそうです。

Sponsored Link

エコノミストの予言

エコノミストの予言もあるようです。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂の火事の予言(予兆)は?

何か他に都市伝説がないか、色々と調べてみました。

ノートルダム大聖堂のことについて日本にも予言を的中させた方がいるようです。

予言者 天瀬ひろか

天瀬ひろかさんは、

超高度未来予測システム「コードロジー」

の開発者でもあるようです。

2017年にノートルダム大聖堂でテロ事件が発生すると予言していたようです。

Twitterで次々に予言を的中させていて、大阪北部で起きた地震や西日本号などもズバリ的中させてるようです。

Sponsored Link

ノストラダムスの大予言

ノストラダムスの大予言についても調べてみました。

ノートルダムとノストラダムスって読み方が似てますよね…

ノートルダム大聖堂とノストラダムスが似ていることから間違える方もいらっしゃったぐらいです。

どうやら調べてみると、

ノストラダムスをラテン語で読むとノートルダム。

しかもノストラダムスの一族はノートルダムの出身だそうです。

ノートルダムの意味には、

聖母マリアの事として「我らの貴婦人」と言う意味を持っています。

そのノートルダム大聖堂で火災が起きたわけですので、何か不吉な予感がしますよね。

ネットではそんなことがささやかれていました。

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂の予言まとめ

今回は、ノートルダム大聖堂の予言について色々調べてきたことをまとめると、

  • ノートルダム大聖堂の火災に似たイルミナティカード
  • 予言してたと言うカナダの短編映画
  • エコノミストの予言
  • ノートルダム大聖堂のテロを予言者 天瀬ひろか氏
  • ノストラダムスの名前はラテン語でノートルダム

都市伝説の好きな方であれば、ミスター都市伝説関さんが何を語るのかも注目したいですね。

今後何か新しい情報がありましたら、随時追記していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございました。

令和 予言者しゃんは未来人?予想的中ツイッターは3年前に投稿!【新元号を当てた人物】

関連コンテンツ001

 - 神秘・ミステリー

Sponsored Link