京マチ子の旦那(夫)や子供・結婚や家族は?(本名矢野元子/やのもとこ)

      2019/05/15

2019年5月14日、映画羅生門など数々の名作に出演されていた名女優の京マチ子さんがお亡くなりになったことがわかりました。

12日の午後12時18分に心不全のため都内の病院でお亡くなりになれたことを東宝が発表しました。

今回は、数々の名作に出演した昭和の大女優の京マチ子さんの旦那(夫)や子供・結婚や家族は?について調べて見たいと思います。

Sponsored Link

京マチ子のプロフィール

京マチ子さんのプロフィールをご紹介します。

本名 矢野元子(やのもとこ)
生年月日 1920年3月25日
出身 大阪市
年齢 95歳

黒澤明監督の映画羅生門や、溝口健二監督の雨月物語、吉村公三郎監督の源氏物語など、日本映画の歴史に残る名作品に出演し、ベネチア、カンヌなどの映画祭で主演作で次々とグランプリを受賞しました。

「グランプリ女優」

と呼ばれていました。

最後の作品は、『女たちの忠臣蔵』の瑤泉院役でした。

映画『羅生門』『雨月物語』など数々の名作に出演した女優・京マチ子さん(本名:矢野元子/やの・もとこ)が12日午後12時18分、心不全のため都内の病院で死去した。95歳。14日、東宝が発表した。

書面では「かねてより療養中のところ、5月12日の昼12時18分に心不全のため都内の病院にて亡くなられました」と伝え「生前のご遺志により、石井ふく子さんら数名の友人の立会いのもと、本日14日、密葬を済ませました」と報告した。

続けて「石井ふく子さんによりますと、数年前、京さんがお元気な頃に大好きなハワイへ赴き、自ら手配なさったお墓に入るとのことです」と記している。なお、現時点で『お別れの会』の予定はないという。

京さんは1924年3月25日生まれ。大阪市出身。映画『羅生門』(黒澤明監督)、『雨月物語』(溝口健二監督)、『源氏物語』(吉村公三郎監督)など映画史に残る数々の作品に出演し、戦後の日本映画界をけん引。ベネチア、カンヌなど海外の名だたる映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」の異名もとった。

最後の舞台出演は、『女たちの忠臣蔵』(2006年9月明治座製作 橋田壽賀子作 石井ふく子演出)の瑤泉院役だった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000348-oric-ent

Sponsored Link

若い頃の顔画像!(羅生門、犬神家の一族、男はつらいよ、寅さん、必殺仕事人、徹子の部屋、浮草、着物姿他)

羅生門

犬神家の一族

男はつらいよ

寅さん

必殺仕事人

徹子の部屋

浮草

京マチ子の旦那(夫)や子供、結婚は?

京マチ子さんの旦那さんは誰?と気になられた方もいらっしゃると思います。

そんな京マチ子さんのプライベートですが、実は京マチ子さんは結婚は1度もされていません。

独身を貫かれています。

そのため旦那さんやお子さんもいらっしゃらないようですね。

このことから、女優一筋だったことが見受けられます。

Sponsored Link

京マチ子の家族は?

京マチ子さんは、地元の大阪で暮らされてたようです。

ご家族は、5歳の時に父が蒸発されてるようで、母と祖父に育てられた一人っ子だったようです。

最近はお一人暮らしだったのでしょうか。

また1人昭和の名女優がお亡くなりになられました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

京マチ子映画祭のスケジュール!大阪上映やパンフレット画像・仲代達矢のコメント他

羅生門はこちら

https://youtu.be/moXHR8Z9hfQ

ネットの反応をまとめてみます。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース