DASH村 現在2019の今を調査!今後どうなる?ネットの声も!

   

2019年3月5日、まもなく東日本大震災から8年となりますね。

人気のテレビ番組ザ鉄腕ダッシュから生まれた村で、現在は、福島原発の帰還苦難区域にあるDASH村。

2019年現在はどのような状況にあるのでしょうか。

今回はDASH村の現在2019年の今についてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

DASH村 現在2019の今を調査!

日刊スポーツの取材でダッシュ村の提供者である三瓶夫妻を訪ねたニュースがありました。

詳細は以下になります。

福島市で避難生活を送る三瓶さん夫妻は2カ月に1度、浪江町津島の国道114号沿いにある自宅と、そこから2キロほど離れたDASH村を見回りに行く。114号は17年9月、通行規制が解除された。「除染してないし、線量も高いからなかなか行けないんですよ。夏は防護服着ると、暑くていられないから、春や秋の涼しいときに半日ぐらい」と孝子さん。

朽ちたため2年前に作り直したDASH村の扉を開け、村を見て回り、道路脇の草を刈る。役場も水車小屋もヤギ小屋もそのままだが、「イノシシに入られて中はガチャガチャ。ベニヤ板張って、入られないようにしているんだけれども」(宝次さん)。田んぼにはヤナギが生え、切ることもできないうちに「ヤナギの森になった」(孝子さん)という。

8年前までここは「山あり沢あり田んぼあり畑あり。フキノトウでもワラビでもマツタケでもシメジでも何でも採れて、自給自足できるぐらい豊富な恵みがある場所だった」(宝次さん)。しかし、村の南東約30キロにある福島第1原発の事故で津島の450戸、1459人の住民は四散した。

津島は戦後間もなく、食糧増産と引き揚げ者対策で、福島一の規模で国有林入植が行われた。血の汗を流すように開拓した土地が300町歩(300ヘクタール)ある。DASH村も宝次さんの親戚が入植し、開拓した土地だ。

宝次さんは「開拓団に入って満州に渡って、終戦後、ソ連の捕虜になったり、命からがら逃げてきて津島の開拓に入った人がいるんです。それが今度は原発で追われて。国の政策の失敗を2度体験させられる目に遭っているんです」と話す。

17年12月、津島支所を中心とした国道沿いの約4キロ、137ヘクタールが特定復興再生拠点に指定された。23年3月の避難指示解除を目指し、除染とインフラ整備が進められている。しかし、DASH村など国道から離れた地域は外れた。宝次さんは「一部に復興拠点ができても津島全体を再生するのは不可能。範囲を拡大して10年以内に津島全体の除染を終えるようにしないと、地域が消滅してしまう」と訴え、町に要望書を出した。

引用元:Yahoo!ニュース

DASH村 今後どうなる?ネットの声も!

DASH村は今後どうなるのでしょうか。

ネットの声も集めてみました。

  • 最近、鉄腕!DASHでも、ここを訪れなくなってしまったね。
    せめて毎年3月頃には、ここを訪れて、特集を組んでほしい。
  • 原発事故啓蒙の為にも(内容は原発推進・反原発に偏らず中立で)ありのままの姿を 継続して伝えて欲しい。
  • 人はどの様に自然を切り開いていったのか?
    人の手が入らなくなると、どの様に自然に回帰していくのか?
    放射線汚染の恐ろしさ。
  • 演出はいらない。
    現状・現実を伝え、考えるのもメディアの役割だと思う。
  • 番組で取り上げてほしい。
  • DASH村。
  • 最初から見ているが、最初は場所は不明で本当に荒れ地でTOKIOも何をして良いかわからない状態。
    そんな中、昭雄さんをはじめ浪江町の皆様の協力があって、場所もバレず色々やって来た。
  • 震災の時もロケ中。
    あの動画は忘れられない。
  • 孝子さんご夫妻が春と秋に行かれていると知って驚いた。
  • 復活は難しいのはわかる。
    けど現在のありのままのDASH村の状態。人間の手が入らなくなるとどうなるかと言う意味で年に1回は放送して欲しい。
  • 原発被害地と言う意味合いでなくても良いから。
  • 一時的帰還が許されたときに、DASH村を訪れたのが山口元メンバー。あの映像、もう使えないんだろうな。
  • あまりにも、マスコミの報道が少な過ぎる。
  • 無かった事にしたい方々がいるのでしょう…
  • 政府や東電は怒りくるかもしれないが、こう言う現実こそしっかりと報じて欲しいですね。アンダーコントロールって言うなら自分で言って見てくればいいよ。安全安心除染完了って言うなら東電の本社を移転すればいいよ。
  • DASH村への思いは 見ていた人にはまだまだある。村の人達がどうしてるのか心配。
    TOKIOがあんな形でなかなか動けなくていると思うけれど DASH村に関しては 全く気にせずに動いてほしい。村の実情を伝えられる唯一の人達だと思う。
  • 3月になると、震災関連の記事が増えてくる。
    村の継続は難しいかもしれないが、あの村が今こうなっている等を番組内で伝えて欲しいと思う。過ぎた事にしてはいけない。
    絶対忘れてはいけないけど、雲上人や東電は無かった事にしたいんだろうな。
  • 津波で破壊された街並みを、月日が経つにつれどこか他人事、遠くの国の出来事のように忘れていた自分がいました。

Sponsored Link

DASH村 現在2019の今を調査!今後どうなる?ネットの声も!

ダッシュ村は2000年6月にスタートしました。

日本テレビ系のザ!鉄腕!DASH!の1部のコーナーとして始まりました。

場所を提供してくれたのは故三瓶明雄さん、それから東日本大震災があり原発事故が起きました。

そして、19年ほどの時間が経ちました。

宝次さんは、原発事故からの8年目の思いを語ってくれています。

DASH村が誕生した2000年。中山間地整備事業で村の近くを流れる川沿いに200本の桜が植えられた。立派な桜並木になったが、皆で花見をすることもできない。

「みんな分散して生活圏がほぼ破壊されました。東京の人たちの感覚と被災地の人の思いは時間が経てば経つほど、かけ離れていきます。忘れられてしまうんだろうなぁ」

今回はDASH村の現在2019についてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

関連コンテンツ001

 - 芸能・ニュース

Sponsored Link