新紙幣はいつ発行?2024年〇月〇日?2000円札の人物も変わる?

   

2019年4月8日、日本の紙幣が刷新されることがわかりました。

報道によれば新紙幣に描かれる肖像画の人物は、

10,000円札が福沢諭吉から渋沢栄一へ

5000円札は樋口一葉から津田梅子へ

1000円札は野口英男から北里柴三郎へ

に変更される予定になっているようです。

新紙幣の発行時期は2024年と予想されています。

では、2024年の何月ごろになるんでしょうか?

気になりましたので調べてみたいと思います。

それでは今回は新紙幣の発行はいつなのかについてお届けしたいと思います。

Sponsored Link

新紙幣はいつ発行される?

麻生太郎副総理兼財務相が9日にも発表する。

3券種の刷新が実現すれば、現紙幣の流通が始まった2004年以来、20年ぶり。

政府関係者によると、肖像は1万円札が現在の福沢諭吉から、日本の資本主義発展に貢献した渋沢栄一に、5千円札が樋口一葉から、明治・大正期の教育者で現・津田塾大学創始者の津田梅子に、千円札が野口英世から、日本近代医学の父と呼ばれる北里柴三郎にそれぞれ刷新される。

引用:時事通信社

日本の紙幣は20年ごとに刷新されている事はご存知でしょうか。

前回は、2004年(平成16年)でした。

これをヒントに調べて見ると日にちまでわかってきました。

前々回は1984年の昭和59年でした。

しかも2004年も1984年も日にちが一緒なんです。

なんと日にちはどちらも11月1日。

となると、今回の新紙幣の発行日時は、2024年(令和6年)の11月1日と思われます。

が、麻生副総理の発表では、2024年の上期をめどに発行されるとのことです。

※正確な日にちが決定次第、随時追記していきたいと思います

Sponsored Link

2000円札の人物も変わる?

2000円札も変わるのかといった点も疑問ですよね。

ですが調べてみたところ今のところ発表はありませんでした。

理由は以下の通りのようです。

政府は9日、1万円、5千円、千円札の紙幣を刷新することを発表した。しかし、1枚、刷新されないお札がある。沖縄の守礼門が描かれた2千円札だ。なぜ、このタイミングで刷新されないのか。

■発行したものの、流通拡大しない2千円札

 2千円札は沖縄サミット開催を記念して、今から19年前の2000年7月19日に発行された。
同日の沖縄タイムスの記事には
「42年ぶりの新札となる2千円券を発行した。国内で1億余枚が、県内では190万枚が発行された。日銀によると、本年度内に全国で10億枚を流通させる予定。5千円札の2倍の発行数」
とある。

しかしながら、財務省理財局によると、2019年現在の流通枚数は、1万円札が約99.7億枚、5千円札が約6.6億枚、千円札が約42億枚。それに対し、2千円札は約1億枚で、発行当時、目標としていた10億枚の10分の1にとどまっている。

流通しなかった理由について、同局の担当者は「はっきりとしたことについては調査されていませんが、発行当時、自動販売機で使うことができなかったからではないかとよく言われています」。

そしてこの流通の少なさが、刷新の対象にならなかった直接の原因だという。
「いま、日銀に備蓄が貯まっている状況です。他の紙幣は毎年作り続けているのに対して、2千円は現在、新しく印刷していません。新しいデザインにすると、備蓄のお金が無駄になってしまうため、刷新は見送ることになりました」

引用元:Yahoo!ニュース

Sponsored Link

新紙幣発行はいつ?まとめ

今回は新紙幣発行についてお届けしました。

新紙幣発行の日時についてまとめると、

  • 日本の紙幣は20年ごとに刷新
  • 前々回、1984年11月1日(昭和59年)
  • 前回、2004年11月1日(平成16年)
  • 今回、2024年11月1日(令話6年)と予想

よって新紙幣の発行日時は、2024年11月1日になると思われます。

が、麻生副総理の発表では、2024年の上期をめどに発行されるとのことです。

※正確な日にちが決定次第、随時追記していきたいと思います

渋沢栄一が新紙幣の一万円札に選ばれた理由!津田梅子と北里紫三郎も

新紙幣発行予定はいつから?日本のお札が変わる(変更)刷新理由は?一万札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里紫三郎

いかがでしたでしょうか。

それでは今回は、新紙幣の発行はいつなのかについてお届けしました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

新紙幣の画像(写真)は?裏面のデザインも判明!500円貨幣も刷新

関連コンテンツ001

 - お役立ち生活情報!

Sponsored Link